ダイエットと水、体の水分について | 美ボディ美肌アンチエイジングで変身!大津京ビューティーショップCharmUp

美ボディ美肌アンチエイジングで変身!大津京ビューティーショップCharmUp

ダイエット道場「CharmUp」で生活習慣を改善しながら美しく元気にスリムに若返り。エステティック、エクササイズ、チャームアップ講座、栄養学、調理実習を行うサロンの日々とみなさん美活や変身の様子を綴ります。

成人女性の場合は55%、成人男子の場合は60%が水分というのが最も代謝が良く痩せやすく、ピチピチの肌が手に入るといわれています。体内に「毒」を溜めることもなく、常に解毒ができている状態です。
これは体組成計で測ることができます。
この体内の水は、1日に排せつされる量が
尿で1500ml
呼吸によって300ml
皮膚による不感知発汗によって700ml
便によって100ml 合計2600mlは老廃物と一緒に排せつされます。

出た分は、55%から60%の体内水分を維持するために、きちんと摂取しなくてはいけません。
食事の際に食べ物に含まれる水分で1000ml
その他で飲むという行為で1600ml
を摂取することで水野入れ替わりがスムーズになるということです。

一般的に、体重(㎏)×30で、その方の1日の水分摂取量の目安がわかります。
53㎏の女性であれば1590mlを摂取したら良いということになります。
これは上記の53kgの女性が1日に排泄する水分量の合計から食事から1000ml水分を摂取する前提で差し引いて計算された数値です。

500のペットボトル3本分を摂取するように心がけます。

「水太り」という言葉がありますが、水分が足りないと空腹だと感じて食べ過ぎたり、新陳代謝が鈍って脂肪の燃焼効果が落ちることもあります。
そうすると、汚れた水が体に滞り、溜まってくると、冷えやむくみ、慢性疲労、セルライトなど、美容や健康にも-に働くようになります。水分の摂取、排出のバランスが崩れ、冥加出にくい、便が出にくい、汗が出にくいといった排泄機能の低下が生じ、「解毒」がますます悪化するというスパイラルに陥るので、適度に水分を補給し、また水分を溜めないように出すサイクルを上手にまわしていかなければなりません。

「水太り」の原因。これは、清涼飲料水、アルコール、水・お茶でないものによることが多いです。
・白っぽい飲み物は脂質が多い→カフェラテ、カフェオレ、イチゴオレ、フラペチーノ、ミルクティー
・甘い飲み物は糖質が多い→コーラ、サイダー、果汁ジュース
・カフェインとアルコールは利尿作用で脱水するので水としてカウントしない

水やノンカフェインのお茶を水分とカウントしましょう。

でもお酒を飲みたい時もありますよね
ワイン、梅酒、ビール、甘いカクテルは糖質が多いので注意
焼酎、ウーロンハイ、甘くないお酒のソーダ割り(満腹感と糖分少な目)がおすすめ
おつまみや、お酒と一緒に食べる食事に気をつけて、上手に飲み会もお付き合いしましょう