腰痛と画像診断 | 町田の健康増進専門トレーナー 大石ケイタロウ blog

町田の健康増進専門トレーナー 大石ケイタロウ blog

町田の健康増進専門パーソナルトレーナー大石のブログです。

トレーニング記録
パワーリフティングの事
健康の事
読んだ本

などが中心です。

町田
ジム
パーソナルトレーニング
筋トレ
パーソナルトレーナー
ダイエット
尻トレ


テーマ:

講義とか研修やる時によく話す内容です。


確か木内先生の話だったと思うのですが


画像診断の病名と腰痛は必ずしもイコールではないよという話の一例です。


ある整形外科のドクターの集まりでレントゲンを2枚並べた。

1枚は側弯が酷くもう一枚は特に問題ない生理的湾曲が整ったもの




ドクターに「この患者はどのような症状を持つか?」というディスカッションをしてもらったところ

「この側弯は酷い、歩く事さえ困難であろう」


と口を揃えて言った。


キレイなアライメントの患者は


「腰痛はなく健康であろうと。」


では本人に出てきてもらいましょうとサプライズ登場。


腰痛で辛そうな人と健康な人が出てきました。


ドクター達は「ほらその通りだろう」と思いました。


本人に聞いたところ


画像が側弯の人「特に痛みもありません」


画像が正常な方「腰痛が辛いです。どこの医者に行っても原因がわからない、運動しなさいと言われます。」


というお話です。


いかがですか?


必ずしも曲がってる=悪ではありません


ちなみにウサインボルトは側湾症です。

彼は無理にキレイに動かそうとするのをやめて補強のトレーニングをしながらフォームを研究してあの速さを生み出しました。


もちろん症状が合致していれば正しいのですが


【現場ではどうか】


お客様からよくヘルニアですと言われる方が多いですが


ヘルニアになった理由があるので


このような突発的な事でなくなった場合は


姿勢不良や無理な運動の蓄積でヘルニアになった可能性が高く


ヘルニアになってなくても腰は痛かったと考えられます。


よって「腰痛そのもの原因」は他にある可能性が高いのです。


その場合はポイントを抑えたストレッチや筋トレで緩和される事も多いです。


通院している場合は医師の指示が第一ですが

「運動しなさい」と言われたら

その際は運動の専門家である理学療法士や信頼できるトレーナーに一度は教わりましょう!



こんな本もありますね。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

have a goodlift !
==°======°============°=
【トレーナー活動場所】

パーソナルトレーニングジムBrain

東京都町田市森野1-31-10渋谷グリーンテラスⅡ2階

パーソナルトレーニングジムBrain ホームページ


【コンセプト】

町田・相模原で「最期まで健康人生!」を目指す為の健康増進専門パーソナルトレーニングジム


【メソッド】

ウエイトトレーニング×ストレッチ整体

=ベストコンディション


パーソナルトレーナー

大石 ケイタロウ

ジム携帯 08041526572

ジムLINE@ 友達登録はこちら!


【講師業】


日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会


パートナーストレッチの資格認定団体です。講師をしています。ストレッチ施術は体系的に習える機会がなかなかないと思います。バリエーションやかゆいところに手が届くストレッチを身に付けたい方、お問い合わせください。


【その他】


部活やスポーツチームでのウエイトトレーニング・ストレングスコーチ指導依頼、自宅出張、その他お問い合わせは

goodlift0014@gmail.com

宜しくお願い致します。


大石 ケイタロウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス