一度味を占めると、いろんなNi-Cd PACKをいじりたくなる。
もともとの電池サイズはなくとも、
使えればいいのだ、ということであれば何とかなる。
今回はMAの分解。
AE-1PとA-1用のモータードライブの、Ni-Cdの換装だ。
さてどうなるか。。。

上部が操作部で、下部が今回内部の電池を換装するNi-Cd PACKだ。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?



外観は結構綺麗だけど、端子電圧をテスターであたったら、0.1Vもない。
充電器を取り付けても充電がはじまらない。純正充電器ではないがNi-MH14セルまで充電できるものを利用している。MHに換装して使用しているものでは、ちゃんと、放電も、充電もされるので、今回固体の電池は、完全に爆裂、完全に腐食劣化していると思われる。。。
間の半島生息者の気まぐれだから何か?


張皮を破らないように綺麗に剥がし、上部のネジをはずす。左本体側に4本、右基盤部カバーに3本。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?



右の基盤部のカバーは鉄板のようで、優しく抉ればはずせる。ここで、上部の「ピン」をなくさないようにする。画像右にある小さなもの。上部の端子に載っているだけだ。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?



リモート端子のカニ目をはずす。順ネジ。気をつけないとなめるし、本体のプラも硬化劣化しているので、簡単に割れるので注意。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?



上蓋はこれで外れるが、左側に「爪」があるので注意。後は抉りながら、電池本体を取り出すのみ。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?



電池側で+-をわかるように、配線をはずしておく。良く観ると電池は爆裂が始まっている。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?


クッション材は劣化しているので、綺麗に取り去る。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?


配線の+-はわかるようにして置く。電池を見ればわかると思うけど。
ここでは、「黒-」「黄色+」だと思ったけど。
電池に接続する配線ぐらいは、できれば交換しておく方がいいと思う。
ハンダ附け、へたなんだ^_^;)
黒色線を交換するには、画像右側に見える、銀色の鋼板をネジ4本はずして、取り外す必要がある。
$間の半島生息者の気まぐれだから何か?

実は昨年1固体分解したことがあり、そう簡単に電池の換装はいかないのだ。
もともと、単5型のNi-Cdが12セルだけど、単5型が見つからない。しかたがないから、他のタイプで代用するしかない。単5型Ni-Cdがあるのなら、その方が断然良いのだけれども。。。

換装用電池はまだ届かない。(その2)は少々先になる。。。

追記H22.06.06
今単5型のNi-MHを探していたら、タブ付で現在は発売されているようだ1.2V300mah。タイミングが悪かったという他ない。もうすでに、別の形状の物を注文してしまった。
後はもう、単価の問題で、¥1200程度で済ませるか、¥4500程度かけるかだ。使用頻度が非常に少ないので、前者を選ばざる負えない。しかし、mahは1/4~1/5程度と少なくなる。もともと1セル=1.2V、≒150mahらしいから、これが12セルで14.4V1800mahとなる。今回使おうとしているものは、電池を分解した挙句に収めるのが大変と来ている。9V250mah2個を使っての換装予定で、電圧は問題ないが容量が不足している。1個の電池が7セルだから2(250/7×6)≒430mahとなってしまう。昨年は14セルを叩き込んでいる^_^;)
AD

コメント(26)