MartinGuitarCustomOrder2018①

テーマ:
皆さんこんにちは!
ヤマザキです。
 
前回のブログに引き続きMartin Factory Tourから今回はタイトルにもある通り当店のマーチンカスタムオーダーの御紹介をさせて頂きます。
 
前回のブログはこちら
 
勿論工場を見学して来る事だけが、私が派遣された理由ではありません。
やはりBIGBOSSといえばESPのカスタムオーダーで世界に一つのギターを注文出来るのも大きな魅力の一つですよね。
しかし今回はエレキギターでは無く…アコースティックギター!
Martinでオーダーメイドを発注します!
 
それも直接Martin Factoryに行くことで注文出来るカスタムオーダー品になります。(現地に行かないとオーダー自体出来ません。)
材撰定をしてカスタムショップクオリティで作られるMartinGuitar。
正真正銘の世界に一本のギターですね。
 
オーダーするにあたってギターのスペックだけで無く、材も現地にて選定して来ましたのでその様子をお伝えします!
材も通常のものではなく、ハイグレードの材から更に選定を重ねました!
まずは部屋に沢山の材が運ばれて来ます。
正直この後は材の選定に必死で余り写真が撮れていません…実際はMartin社秘蔵のオーダー専用材が沢山出てきました。
 
まず御紹介するオーダーはコチラ!
 
CTM D-28#Transparent Black Sunburst 

定番のD-28に色を付けた渋めのオーダーになります。
ヘッドロゴはオーダーモデルらしくアバロンパールの縦ロゴで高級感も抜群ですよ!
まずは1番大切なトップ材の選定から、グレードの高いSitka Spruceの中から目の詰まった最良の材を使用することが出来ました。
お次はサイドバック材のEast Indian Rosewoodです。
こちらは先程選定したトップ材になるべく合わせた縦の木目を意識して選びました。
その甲斐あって抜群の相性の木材を選ぶことが出来ました!
こちらのギターはBIGBOSS京都店に入荷予定です!
 
次に紹介するギターはコチラ!
 
CTM OOO-18 MATRIX VT ENHANCE 
 
コチラはOOO-18をベースにFISHMAN MATRIX VT ENHANCEを搭載する事でエレアコとして使用出来るようになりました。
マホガニーボディから鳴る心地良い低音をフィッシュマンのピックアップで高音までバランス良く出力します。
コチラのオーダーもヘッドロゴにはアバロンパールの縦ロゴを採用しております。
まずは先程同様Sitka Spruceの選定です。
コチラのギターは色付きでは無いので、杢目の詰まりは勿論ですが色にも最新の注意を払いました。
お次はGenuine Mahoganyです。
マホガニーはエレキギターの材としても馴染みの深い材ですね。
普段からお店でオーダー材を選んできた甲斐がありました。
しっかり目の詰まったマホガニーをセレクトすることが出来ました!
コチラのギターはBIGBOSS広島店に入荷予定になります。
 
まだまだ現地オーダー品はありますが長くなってしまいそうなので今回はこの辺で…
 
今回オーダーしたギターは現地オーダー品の為入荷は来年予定になります。値段に関しましては、入荷時のレートにより異なる為、今暫くお待ち下さいませ。
 
又それぞれ入荷予定の店舗、その他通販でも購入可能になります。詳細に関してはそれぞれの店舗もしくはBIGBOSS札幌店ヤマザキまで御連絡ください。
御予約も可能になりますので、是非お気軽にお問い合わせください。