【PRS商談会選定品】

テーマ:

【PRS商談会選定品】希少な材を使用したReclaimed Limitedシリーズです。100年以上前に作られたブラジルの建築物の外壁、柱をボディと指板に使用しております。良く見ると釘穴などもあって歴史を感じます!ぜひお試し下さい!

 

メーカーサイト

PRS Guitarsは2種類のエキゾティック・ウッド「Peroba Rosa(ペロバロサ)」、「Brauna Preto(ブラウナプレト)」を新たに採用した少量生産「Reclaimed Limited」シリーズのCE 24 Semi-HollowとS2 Vela Semi-Hollowを発表いたします。この2材はブラジル南東部のアトランティック・フォレスト(大西洋岸森林)が原産で、いずれも樹齢100年以上の材です。Michael Reid(PRS Guitarsウッド・シニア・マネージャー)により古い建造物から調達したこの2材は密度が高く独特の美しさがあり、建造物として使用されていた歴史も含めてギター材としての意義深さがあります。

 

「マイケルはPRS Guitarsの会社設立以前から私のために木材を調達してくれています。私たちにとって木材は命ですし、彼の確かな「目」を信頼しています。この古く、再生した木材は驚くほど鳴りが良く、しかも美しい。ギターとして生まれ変わり、そのトーンを聴いた瞬間「あぁ、マイケルはまた良い仕事をしてくれた」と思わず笑みがこぼれました。」− Paul Reed Smith

 

Peroba Rosaは主に外壁材として利用され、今回のギターではトップ・ウッドに使用しています。セミホロウ・ボディに組み込まれたこの材の密度により、Reclaimed Limited CE 24 Semi-Hollow、そしてS2 Vela Semi-Hollowはパンチがありつつ暖かみのあるフルボディのトーンが特色です。Brauna Pretoは古い建造物の柱材として主に使用され、その細かな木目やサステインの良さから指板材として使用しています。ギターのフィニッシュはどちらもナチュラル・サテン・ナイトロです。材にあった釘穴や傷、退色はそのままトップ・ウッドに残し、この材の歴史や風格がひと目で分かるようになっています。そうすることにより、それぞれのギターにしかないルックスとキャラクターを醸し出しています。

 

「いわば森の意味が完全につながったということでしょうか。この材を使うことで、ブラジルの音楽やギター製作の芳醇な歴史を物語ることができると考えると、大変素晴らしいことだと思います。」「このような材を再利用することで、ブラジルの資源の素晴らしさを喜び、その持続性にわずかながらでも貢献できるのではと考えています。」− Michael Reid(PRSウッド・シニア・マネージャー)

 

 

 

デジマート

https://www.digimart.net/cat01/shop3700/DS04461370/ …

 

https://www.digimart.net/cat01/shop3700/DS04461370/ …