今月はフレットリペア

テーマ:

こんにちは、リペアマン三浦です。

 

北海道、夏終わってしまいましたね。

ビアガーデンも一度だけ行けましたが、もうすこし夏を満喫すればよかった。

 

さて今月はフレットすり合わせキャンペーン中です。

 

おかげさまで、多くのお客様からご依頼を受けております。

フレットの打ち替えのリペアも大変多くなってます。

ありがとうございます!

 

最近の作業をいつも通りご紹介。

 

Gibson ES-125

フレット交換、ナット交換、ブリッジ交換、エンドピン穴埋めのご依頼です。

 

 

 

次はGrass RootsのG-LPです。

コントロールをJimmy Page Les Paul Number2と同じようにする依頼です。

ボリューム、トーンはすべてスイッチポットに交換。

ピックガードの下にもプッシュスイッチを2つ取り付け。

 

プッシュスイッチはお持ち込み頂きました。

本家よりすこし厚みのあるスイッチだったので取付に苦労しましたが、

なんとか雰囲気の近い感じに仕上がったかと思います。

 

 

コントロール

フロントVo.(フロント シリーズ・パラレル)

リアVo.(リア シリーズ・パラレル)

フロントTo.(フロント コイルスプリット ネック側)

リアTo.(リア コイルスプリット ブリッジ側)

ピックガード上(ミックス時 シリーズ・パラレル)

ピックガード下(リアピックアップ位相切替) 

 

ピックガードスイッチはアルミのアングルを加工して、とりつけました。

お持込頂いたコンデンサがすごい大きさです。

 

この配線はなかなか大変ですが、もしチャレンジしたい方は

今回の配線図を貼っておきますので、よかったらどうぞ。

 

 

 

それでは改造、修理のご相談、お見積お待ちしております。

 

AD