お客様からの質問 | 林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ ~俺の米粒~」

御夫婦で来店されたお客様の旦那さんから

「男の嫉妬について、どう思いますか」

と、聞かれました。


嫉妬ですかー…


ヤキモチというとまだ可愛さが残りますが、嫉妬となると、そこにはねたみやそねみ更に憎しみまで加わるイメージです。


自分のパートナーが自分以外の異性に興味を持つことは、本来辛く悲しいことだと思うわけですよ。

そこに怒りが生じるのは

「俺がいるのに」

「私がいるのに」

という自分本位から派生した考えが根底にあるからなのではないでしょうか。


そして男性の嫉妬と女性の嫉妬は、これまた違うものだと思いもするわけです。


違う生き物ですからね。


男性はパートナーが変わってもすることは一緒で、女性はパートナーが変わればされることが多少変わってきます。

当然、男は

「今までの男とはどんなことをして来たんだろう」

ということが気になって仕方ないわけです。

逆に女性は身を委ねながら、どこかで

「でもこの人、今までの女性にも同じ手順で同じことをしてきたのだろうな」

ということに気付くと、気持ちにカラカラとすきま風が吹くのです。


そして男は守るべく立場にあるので、一度守ろうとした女性に対してなかなか「不幸になりやがれ」とは思えないものです。

例えば浮気をされたあげくに大騒ぎして別れても

「あんな女だったけど、幸せに暮らしていて欲しいものだ」 

そう、願っていたりします。

女性は本当に辛い思いをして別れた男に対しては

「顔も見たくない、何なら少し辛い思いでもして欲しい」 

と思う方も多いのではないでしょうか。 


まあ、吾輩の勝手な想像ですがね。


仲のいい男性にとても気が利いて優しい男がいるんですよ、元No1ホストですけどね。

肴に刺身をオーダーすると

「ダディ、ワサビはこれぐらいでいいですか」

と、小皿に醤油を入れて準備してくれるわけです。

空いた皿は常にテーブルの角に重ね、店員さんが食べ物を持って来ると置くスペースをさっと作るのです。


この男が女性にモテないわけがありません。


しかし、結婚となると長い間縁がありませんでした。

察するに…

女性からしてみると、会っていない時間に

「今もどこかで誰かに優しく接しているのかな」

と思うことは切ないのでしょうね。

誰にでも優しいということは人として素晴らしいことですが、パートナーによってはヤキモチであったり嫉妬であったりの対象になり得るのですよね。


男性と女性は違う生き物で、嫉妬においてもその質が違うといことへの理解は必要でしょうね。

理解出来ないままに自分の思いだけをぶつけてしまったり、ぶつけられたりするとどうしても感情的になり理解の機会すら失くしてしまいますからね。


男性と女性の感性はは永遠に平行線だと認識して、理解をするというせめてもの歩み寄りが大事になって来るのでしょうね。


パートナーを大事に思えばこそ…



「男の嫉妬をどう思いますか?」

面白い質問をありがとうございます、お陰様で吾輩も考えさせて頂きました。





はい、左様なり♪