天使降臨 | 林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ ~俺の米粒~」

お久しぶりです、四女の都美でございます!!

2020.01.24.
PM04:52
38週と3日




帝王切開で3208gの元気な第1子(我が家での愛称は;三郎です笑)が誕生しました。


初めての手術で今までにない緊張の中、立ち会いをしてくれた旦那さんがずっと手をにぎにぎしてくれてたのが凄く心の支えになっていました。
手術が始まって10分程で我が子の声を聞くことが出来ました。

(うわぁ〜、青いなぁー。)

が、第一印象です笑

そして助産師さんが私の顔の近くに連れてきてくれて、手を触らせて貰えました。
あったかくて小さな手のひらを握ると弱いながらも力強く握り返してくれた我が子にただただ愛おしいと思いました。

自身の処置をしてもらう為ここで一旦三郎と旦那さんとはお別れしました。

処置が終わってベッドに戻り、少しウトウトしながらも赤ちゃんの様子を見てきた旦那さんから「手足が長かったよ、鼻はととに似てたよ」なんて話を聞きながら(さっきもっと見とけば良かったなぁ)って思ってました笑

手術当日は母体の休ませるのが優先と言う事で旦那さんとの面会時間も手短に休ませてもらいました。

次の朝、来ました、歩行訓練。
私は知っているのです。調子が良ければこのまま部屋を出てすぐの新生児室で我が子を見れる事を。朝から気合い充分でしたから補助も無しでスクッと立ち、助産師さんにも褒めて貰いました( ̄∇ ̄*)ゞ

新生児室でガラス越しですが2度目ましての三郎。いやん。可愛い。
(うわちっさ〜、天使やん。足長いな、天使やん。)
とかアホな事思ってたら助産師さんに部屋に戻るように言われて戻りました笑
そしてベッドで座った所で助産師さんが三郎を連れてきてくれて抱っこする事が出来ました。

とても小さくて軽いけどあったかくてずっしりしていましたね。

「午後1時からまた連れてきますね〜」と言われまたのお楽しみに。

午後1:40頃…来ない。明らかにソワソワする私。笑
耐えきれず歩いて新生児室をチラ見に。
右端っこのギリギリ見える位置に我が子発見!ガラス越しなので上手く見るには右端に居る我が子に対して左側からかなりの角度かつ高さからなので周りから見たらかなり変な人だったと思います笑
私に気づいた助産師さんが見える位置に移動してくれました。
そしてオムツ替えを鑑賞。

うんちしてました。

助産師さんが拭いてくれてるのを見てたら拭いてる途中でまたもりもり出してました笑

目を合わせて笑う私と助産師さん。

そして新生児室からカートで我が子が出てきました。自分で押して部屋に戻りました。その間数メートルなのにとても長く感じて、我が子を見ながらなんとも言えない感情にぼろぼろ泣きながら戻りましたね笑笑

三郎を抱っこした写真を助産師さんに撮ってもらいすぐに家族に送りました。




みんなからお祝いのメッセージを貰いました。
このブログの一足先に姉やきよしさんのブログやSNSの三郎誕生のお知らせにも沢山の方からお祝いの言葉を頂きました。

こんなに沢山の方に暖かく見守られながら産まれてこれた我が子はとても幸せ者だと思います。

この日は義母やよしみ夫婦とちゅぐも会いに来てくれました。
よしみにとっては初めての甥っ子でちゅぐにのっては初めてのいとこですね。

面会の時間に旦那さんが来てめちゃめちゃ緊張しながら初抱っこしてました。
「可愛い〜。可愛い〜。」って言ってる旦那さんに対して、(そうでしょう、そうでしょう、可愛いでしょう)となぜか心の中で私は誇らしげでした笑

2人で座ってカートに寝る我が子を見ながら、

私「目元はたぴに似てるね。」

旦那さん「ぱっちり一重やないか。」

私「たぴは鼻が高いから鼻もたぴに似てたらよかったね」

旦那さん「鼻低いね〜。鼻はとと似だね。」

私「そうね〜。」

私(あれ、今さらっと私鼻低いって言われた?????)

まぁそんな時間もありまして笑

「ずっと見てても飽きないね。でも2人でこんなにじっと見てるなんてこれから無くなってくかもしれないから今のうちにちゃんと見てようね」ってしばらく2人で見てました。




まだ産まれて24時間経っていない我が子を夫婦で黙って見ながらも想うことは同じだったと思います。とても幸せな時間でした。

2日目には昨日よりもはっきり目をあけて声のするこちらを見つめ返す三郎。

もう既に昨日とは違う我が子。

明日はどんな表情を見せてくれるんでしょう。

一日でこんなに変わるなんてこれから一緒に過ごす日々の一日一日を見守れる幸せ、写真や記憶に残してそれを誰かと共有して反芻する幸せを味わうことが出来るのかと思うと私の中の人生で一番のプレゼントは我が子だなと改めて思いました。

その我が子の成長を共に見守り、共に成長していく相手がずっと旦那さんであって欲しいな、とも思いました。

2020年1月24日は我が子が産まれた日でもあり、私と旦那さんがママ、パパになった日でもあります。

我が子が一日目、二日目と成長する様に私達も共に成長していき我が子に親になる様に沢山の事を学ばせて貰います。



そんな私達家族をどうか温かく見守って下さい。