父親と母親 | 林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ~俺の米粒~」

林下清志オフィシャルブログ「ビッグダディ ~俺の米粒~」


テーマ:
昨日は杜の都仙台から、その仲の良さがほんわかと伝わる御家族が来店されました。
旦那さんが抱っこひもで赤ちゃんを抱えていることから、育児に積極的であることが予想されます。

(お土産を頂きました♪)

お母さんは、春に小学校にあがるという息子さんを隣に座らせて世話をしていました。

自然と子育ての話になり、その流れで
「ダディのブログをいつも読んでます、ああいう考えがもっと広まらないかなと思ってます」
と、賛同して頂きました。

確かに吾輩はブログで子供に対しての想いをよく書いてはおりますが、しかし本来は父親が子育てを語ることは特殊であると思います。
イクメンなどという言葉がもてはやされる風潮も、あまり心地好く響いては来ません。

それは育児に関しては男性よりも女性の方が遥かに長けた存在であるという、至極当たり前のことが置き去りにされているような気がするからです。

もちろん親として駆け出しの頃は母親も要領もわからずストレスも大きいでしょうから、その時には父親の補助的なサポートも重要になります。
お手伝いをするのは当然のことですし、むしろ積極的に子育てに参加するべきだと思います。

女性のもつ母性というものに匹敵するものが男性にもあるとしたら、吾輩の場合はそれは完全に後付けでした。
初めて我が子を抱いた時には愛情だとか責任感よりも〃こんな自分が、親になる〃ということが、正直にただただ不安だったのです。

自他共に認める自己中でしかない若造が、子育てをするわけですからね。

ところが、いざ子育てがはじまると……
寝ているときに起こされるなんてことは一番嫌いだった筈の吾輩が、子供が泣くと飛び起きてオムツを替えミルクをやっているわけです。
これはとんでもなく新鮮な経験でした。
吾輩が自分をさておき優先すべき存在を持つことが出来るなんて、それまでは想像もしていなかったことでした。
「子供ってすごいな、こんな俺に親をさせるんだからな」
と、思ったものです。

その親としての覚悟みたいなものを実感したという意味でも、積極的に育児参加をしてきたことは良かったと思っています。

それはそれとしても……
子育てに関して女性にかなわないという思いはとても拭えるものではありません、出来るものならば子供は母親の愛情溢れる中で育って欲しいと思っています。
本来は男性の子育てなど、女性の母性と包容力の前には足元にも及ばないものだと思っています。
〃お手伝い〃がせいぜいのところでしょう。

そして母親の子育てにベストな環境をつくることこそが父親の役割であり、その為の育児参加も当然必要です。

子供がまだ小さい時期には父親も母親もその役割に大差はありませんが、思春期ぐらいからははっきりと影響力が違ってきますよね。
娘への父親の影響力と息子への影響力、同じく母親の双方への影響力もそれぞれ違います。

子供が成長するに連れて父親は〃親〃という意味合いが少しずつ薄れ、ただの一番身近な人生の先輩という位置付けになっていくような気がします。
それに対して母親は、いつまでたっても確固たる〃親〃であるような気がするのです。

母親の存在は偉大なのです。

いくら偉そうに言っても男は、女性の胎内で育てられこの世に押し出して貰わなければ存在さえしないのです。
肩を並べられる筈がありません。

吾輩がブログで子供に対する想いを書いているのは子育てを振り返り再確認して、一段落した子育てを二度楽しむ為です。

本来……
男が子育てを語るなんてことは〃チャンチャラおかしい〃ことであり、おこがましいことなのだと思います。






はい、左様なり♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビッグダディHP
日々更新!
https://big-daddy.jp/

【ビッグダディモバイル 】
日記更新
http://www.bigdaddy-mobile.com
こまめに更新中❗

【ジンギスカンきよし】
900-0032
沖縄県那覇市松山1-15-7
☎08085765051(非通知には対応しません)
✉ this.is.who.i.am@docomo.ne.jp
※共に予約専用です

【ビッグダディ LINEスタンプ】
第一弾💦 http://line.me/S/sticker/1080588
第二弾💦 http://line.me/S/sticker/1297852

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

林下清志(ビッグダディ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ