美聴泉は耳鳴りに効果がない?、耳鳴りめまいの口コミ・評判とは?



耳鳴りから始まった難聴ですが、次に起こったのがめまいがおきました…



めまいの症状がでる病気を調べると



小脳などに腫瘍ができてめまいがおきるものがある。


めまいの種類は複数なので病名は判断できません。とありました。


これらは腫瘍が大きくなってくると
めまいのほかにも耳鳴り・難聴・ふらつき嘔吐
顔面のしびれや物が二重にみえるなど多くの症状が
現れるとあります。

めまいを感じた時点で腫瘍が見つかれば
手術によって取り除くことができるようです。



メニエール病



突然激しい回転性のめまいがおこる。


それにともない耳鳴りや難聴がおこる。
これは耳の奥が水ぶくれの状態になっているので
繰り返しこのような発作がおこるとありました。



その場合の2種あり、


「内リンパ水腫」と「内リンパ水腫」になります。


わかっていることとしては
「内リンパ水腫」の場合はストレスを過剰にためている場合が多く。

現代病の様です。


メニエールの発作は難聴と同じである日突然おこる様です。

めまいと吐き気・冷や汗といった症状ともに発病るといいます。


とにかく一刻も早く病院で診察していただくことです。


難聴もそうですが「時間がたつほど治療がむずかしい」
といわれています。

 

 

誰にでも起こるかもしれない「聞こえにくさ」の症状が

わたしも始まって、3ヶ月。

 

何気ない時のはっと驚いてしまったりする。

 

 

 

 

 

 

今までいろいろと何故なのか調べてみました。

 

耳かきで掃除をしているときなども急に音が聞こえづらくなることがあり

それは、鼓膜に傷がついたことによるものですと言われました?

 

 

鼓膜は音を伝える役割をしていて

小さな傷であれば自然に治りますというけど

小さい傷とは、どの程度かよくわかりません?

 

 

やっぱり耳鼻咽喉科へ行くのがイイと思います。

 

 

 

 

わたしの場合音楽とか英語の教材で大きな音を聞いて起ったと思う、、

 

       いろいろ聞くと

 

大きな音を直耳で聴くと、早い人で直後から難聴が起こることがあるそうです。

 

 

例えば工事の騒音で長時間いると、この場合も

耳が聞こえにくくなることがあると言います。

 

 

これは聴覚を司る感覚器官である「蝸牛」いうところが

大きな音や衝撃により損傷を受けていき起こるといいます。

大音量で音楽を聴いたりすると耳がキーンとして詰まった感じで

聞きにくくなりました。

このようにイヤフォンで聞いていた私は、おそらくこの様にして

音楽や勉強でわりと大き目の音量で長く聞いていたからだと思う。、

 

結局、耳鼻咽喉科で、急性感音難聴と診断されました。

実際にこのようにして聴こえが悪くなったこと 

悔やみます。

 

「皆さん、気をつけてくださいね。」
 

 

 

 

 

 

難聴の悲劇

テーマ:





突発性難聴は過去に浜崎あゆみさんやスガシカオさん
最近では左耳の突発性難聴を発症して緊急入院した




堂本剛さんが突発性難聴で入院されましたね。



相方の光一さんは「剛くんが突発性難聴になったので
大事を取って1週間入院します。」とコメントしていました。


また、「元気なのは元気ですがちょっと歌うのもままならない感じです。」と説明していました。



割りと若い方も発症しています。

強いめまいや耳鳴りの症状がでる
原因不明の病気ともいえます。



過労やストレスとの因果関係が指摘される。





突発性難聴は朝起きると突然耳の聞こえが悪いのに気づき。耳鳴りや耳が詰まった感で恐怖を覚える。

しかもめまいを感じる場合もあり、原因が明らかでなくて「ストレス」や「ウイルス」による障害だとか、

内耳の循環障害、血行不良などが疑われたりします。



わたしの状態でもこれらと同じでした。


朝、何気なく起きてみてからシバラクしてから
宅急便さんがインターフォンを鳴らしてくれたのですが





いつもの音じゃないので「アレ?」と
違和感を感じたのが最初で、耳の穴を
人差し指でこねくってみたり

耳たぶを少し引っ張ったりしてみました。


やはりおかしいので近くの耳鼻咽喉科へ
見てもらいに行き、突発性難聴と診断されました。


ここからつらい日々が始まったのです。

 


耳が聞こえにくい...



でもしかたない、加齢にともない

徐々に聞こえは衰えてくると知りました。


原因はなにか?
そうッ考えると思い当たることも少なくありません。


【音響の基礎】から、引用させて頂きました。

-----------------------------------------------------------------------

一方で大きな病気が隠れている可能性が
あることも考えれます。この場合は特に

異状があるかを、医療機関で
しっかり話し、きちんと検査してもらうことが大切!



しかし50代ともなりますと、あちこちと
不調が出て来ます。

特にこの季節(11月12月)の更年期女性。


閉経前後の10年程度の期間を指すといわれている。




☆一般的にはいつごろか?



多くの書物に「45~55歳」に
訪れることが多いと書いています。

「私はまだあります」



更年期障害は女性ホルモン
エストロゲンが減少するので、


そのため起きる様々な身体の不調の時期ですね。








エストロゲンは特に自律神経のバランスに
影響を与えるホルモンだそうです、

呼吸や体温、血管の収縮とか拡張に関係していて


生きていく上で必要不可欠な役割を司っている。



特に「老人性難聴」と呼ばれる耳の病気

老人性難聴は高周波数の音域を聞き取ることが
難しくなります。


これは40代で発生する人も最近は多いようですよ。


生活環境が昔とはかなり変わってきているからでしょう。



 


朝起きてからは、気が付かなかったのです。


しかし、ドアフォンの音に違和感を感じました。





とりあえず、佐川さんの荷物は引き取り
ソファに掛けてからですが左の耳になにか
擬音と言ういうか?
変な音が聞こえるのに気がつきました。


どこかから聞こえてくるのかが分かりません・・・

「あ~~~」とか。

「えぇ~~」とか

声をだしてみました。

もっと違和感がでて、、、



自分が声を出すとバランスが変に聞超える。


何かおかしいと思うようになりました。



聞こえてくるのが単に自分の声が耳に響くのではなくて
リコーダー音みたいなもので

私が声を発すると耳に響きます。

しかも、左が重い感覚です。

本当に気持ち悪いです。

 

一度耳鼻咽喉科へいきます。