GIANT POWER PRO | 自転車ライフ
新型コロナウイルスに関する情報について

自転車ライフ

日課のローラ―から始まる一日

GIANT POWER PROのご紹介。

 

 

2019年モデルから一部のモデルに標準装備されていた

GIANT POWER PROですが、

2020年から POWER PRO単体で販売。

 

2019年モデルとの違いを発見。

2019年モデルは、右クランク横付近についていたおにぎりっぽいセンサーが、

2020年モデルではクランクの裏側に隠れています。

軽量化、そしてスッキリ。

コンパクトな分、センサー本体の重量は、

右 16g、左 16gと、軽量なクランクタイプ。

肝心なパフォーマンスの変更点は無いので良しとしましょう。

↑なんで上から目線?

起動時間も100時間で、

バッテリー残量と必要充電時間は、

シグナル表示で色分けしてくれてます。

 

早速、ローラー用の自転車に取り付けてみました。

 

そして、NEOS TRACKで計測開始。

ディスプレイは自分の好みでアレンジできます。

ディスプレイを標準のままスクロールすると、

ペダルバランスや、TSS、NP、

 

ケイデンス、パワー、心拍、

 

ラップ表示などなど、

ローラー回しながら撮ったので、

画像の大きさにばらつきがあります。すみません。

計測記録は、パソコンや携帯アプリで確認できます。

自分自身のパフォーマンスをリアルに数値化するパワーメーター。

トレーニングをより効果的におこなう上で、

モチベーションも上るんじゃないでしょうか。

価格もジャイアントだからできる?10万円(税別)

相変わらずコスパ最強です。

店頭にてお試しできますので、

関心をお持ちの方は、是非、お立ち寄りください。

GIANT POWER PRO