勃起不全の治療薬として、バイアグラが処方されるのはご存じの方も多いと思います。
しかし、EDになる原因が1種類ではないというのを知らない方も多い様です。

精神的なストレスや、過去の性交渉の失敗からなる心因性と、肉体的に体力からや他の疾患で発症する器質性に分けられます。

どちらとも症状としては、性的興奮による勃起が行われないという点での違いはありません。
ただその治療法が異なるのです。

心因性からなる場合は、基本的なカウンセリングから、その原因と改善を試みます。

器質性の場合は、そうなるに至った原因から改善を施すそうです。
どちらにしても、バイアグラが医薬品として処方されるのは、殆どケースであり得るそうです。

治療を行われた患者さんの中には、10年以上も勃起が起きなかった方を改善できたこともあるそうです。
特に熟年の夫婦間では、子供の出産を期にいわいるセックスレスになる事が多いと聞きます。

当然ながら、子育てに追われたり、子作りをする必要がなくなったら仕方がない事でもあります。
しかし、熟年離婚を回避する手段としても、性交渉は重要と考えれれているのも事実です。

最近ご無沙汰という方は、一度バイアグラを試してみるのも良いかもしれません。