バイアグラの中にも、同じ効能効果に期待できるジェネリック医薬品が多数あります。
ジェネリックは、開発した企業の製造ではない、後発メーカーによる医薬品を差します。

厳密にいうと、特許が切れた医薬品を同一成分で、製法や製造過程を変えることで作ることが出来るのです。

1錠当たりの価格が、大幅に安い事に加え、同等の効果が得られることでも、定評が挙げられています。


2013年の現時点では、開発したファイザー社の特許は日本国内では切れておりません。

インドなど一部の特許が、特殊な国では既にジェネリックが製造され、販売されています。
これらを、ネット通販サイトなどで個人輸入して使用する事は、法律上認められており問題はございません。

ただし、個人使用以外で転売したり、1か月以上の量を輸入することは禁止されていますので、お気を付け下さい。

また、日本では2014年よりジェネリックバイアグラが、正規に医師から処方される予定となってなっているそうです。


そうなった場合は、比較的に価格が安く求められる、ED治療の医薬品になっているかもしれません。