【一口馬主】戦い済んで・・・ ノルマンディーOC2020年産第1次募集~211019 | 一口馬主(個人的出資馬)中心の備忘録 by BostonRiku

一口馬主(個人的出資馬)中心の備忘録 by BostonRiku

普通のおじさんが興味があることを備忘録として残すブログ
一口馬主・PCなど

今日19日の13時をもって、ノルマンディーOC2020年産第1次募集先行受付が終了した。

ラインナップ発表当初は高く感じる価格設定もあってそこまで盛り上がらないと思っていたが、とんでもない話しで複数の馬が大抽選会となりそうだ。

 

私が先行受付にて申し込みしたのは・・・

 

 

以上3頭。

 

いずれも、歩様、預託予定厩舎、価格、抽選難易度などから総合的に判断した。

 

ちなみに個人的評価が最も高かったのは

 

№22 シュヴァリエの20 だったが、さすがに売れすぎで撤退・・・。

 

そして、パッと目についたのが

 

№28 ルミナスレッドの20

上下動の少ないスムーズな歩様で価格ほど悪く見えないのと、2歳戦に強い相沢厩舎入厩予定、そして単価が安いという点からこの馬を1番手に。

 

そして、牡馬2頭

 

№20 フォーミーの20

ディスクリートキャットは2018年産でザベストデイという馬に出資した。新馬・未勝利戦で入着があり、コツコツ稼いでくれていてローカル開催でなら勝ち上がりもという馬だった。

本馬について、大物感という点ではどうかと思うが、胴が短くカチッとした好馬体もゴロンとした幼い部分も見受けられ鍛えられたらおもしろそうということから2番手。

 

最初はこの2頭で行こうと申し込みを済ませていたのだが、インゼルTCで出資を検討していた馬が抽選確定となっていることが判明したのと、最終の中間発表で№28ルミナスレッドの20が80%の売れゆきとなっていることが分かったため、昨年の失敗を繰り返さないために先行でもう1頭をということでチョイスしたのが

 

№7 ニホンピロルピナスの20 

 

5月生まれということで当初敬遠したのだが、豊富な筋肉量とバランスの良さ、現時点で430㎏ともう一段の成長を見込めることから本馬を選択した。

 

他には、№26 フラワーロックの20や№25プラージュの20、№17 ヴンダーゾンネの20あたりを候補として検討したが、1次先行では上記3頭とした。

 

肝心の抽選だが

牡馬2頭は最終中間でも名前は上がっておらず、なんとか取れそうな感じ。

一方、№28ルミナスレッドの20は抽選になるかもしれない。

一番手にあげたように、ルミナスレッドの20が一番欲しいのだが…。