第40回 -2018/8/17(金)- | BiblioBattle@SCSK

BiblioBattle@SCSK

この本を読め、さすればあなたは満足するであろう。的なことを全員で言い合い、投票によりチャンプ本を決めます。SCSKのAN81にて主催、開催。たまに屋外開催。


テーマ:

いきなり涼しくなりましたが、いまだに30度オーバーの真夏日。

体調管理にお気をつけください。なんせ日本人には、この暑さを凌ぐ遺伝子は持っておりません。

沖縄人は持ってますけどね。

 

久しぶりに盛り上がりを見せました第40回ビブリオバトル。

発表参加者、観覧参加者合わせて9人!!

真夏の怪談大会だの、夏の夜の百話怪談大会だのやりたくなりますが、

今回のチャンプ本は

「残穢」小野不由美著作 リビエール紹介

映画化もされました、ご存知ホラー小説。

この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……。だから、人が居着かないのか。何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる。かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は「穢(けが)れ」となり、感染は拡大するというのだが──山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!

プレゼンテーション能力も加わって、チャンプ本となりました。

ホラーに拒否反応がない方は是非手にとってみてください。

 

 

今回の発表参加者です。

1、たまこ

2、リビエール

3、ナム

4、クマ

5、たつ

6、なっちゃん

7、コーディ

(敬称略)

 

 

1、たまこさん

「里山奇譚」coco/日高 トモキチ/玉川 数著作

幼い頃にいた、大人には見えない心の友人、イマージナリーフレンドをふと思い出す。

そんなほっこりとした話や、ほんのりの怖い話を集めたショートショート

「あいつの正体はよう分からん」

 

昆虫や動物を愛する”生き物屋”が蒐集する、里山の奇妙な話、第2弾!

 

山や里に現れるという”わらい女”の秘密、落ちている土塊を踏んではならない忌むべき理由、どこか歪んで見える羽化したてのヒグラシ……野山を歩きつくした”生き物屋”が遭遇する、奇妙でノスタルジックな物語。

 

3、ナム

「ネコを撮る」岩合光昭著作

 

動物写真家岩合光昭が送る、写真撮影のハウツー本、および岩合さんの想いの丈が詰まってます。

猫を撮る時の心得、ライオンを撮るときの心得(?)、大熊猫(パンダ)を撮るときの心得(???)

ネコの決定的瞬間を撮ろう!そう思ったヒトに、イワゴーさんがズバリ答えるネコ写真術の決定版。カラーになって再び!

岩合光昭さんのねこ写真の原点、ロングセラー『ネコを撮る』をオールカラーに。モデルねこの探し方、機嫌の取り方、決定的瞬間のシャッターチャンス……。岩合さんのねこ写真の秘密に迫る。傑作をオールカラーで楽しめる待望の新版で、新作も一部所収する。

やはり電子書籍は写真の醍醐味が味わえないので、紙の本をお勧めします。とのこと。

 

4、クマ

「武装島田倉庫」椎名誠著作

ノスタルジックなイメージの世界を描き、「未来の十三」と秀逸な例えで観覧参加者を引き込むプレゼンに心奪われました。

架空の「戦後」の世界を舞台に繰り広げられる、男たちの闘いと冒険の日々。独特の言語感覚で描きだした超常的シーナ・ワールド。

時はおそらく近未来。ある「戦後」の国境地帯。街や道路は破壊され、油泥にまみれた海には、異態進化した獰猛な生物が蠢く。混沌としたこの世界に、組織略奪団や「北政府」と呼ばれる謎の勢力と闘いながら、たくましく生きる男たちがいた。頼れるものは、自らの肉体と才覚のみ―。異様だが、どこかノスタルジックな世界を、独特の言語感覚で描きだしたシーナ・ワールドの真骨頂。

 

5、たつ

「天上の葦」太田愛著作

以前紹介した「犯罪者」の主人公3人鑓水、修司、相馬が登場し、壮大な謎に挑む。

8月15日かつて起こった戦争が終わった日。戦争の記憶も風化し、伝える者も他界しているこのご時世。敢えてお節介と知りつつ若い人にお勧めします。

白昼、老人が渋谷のスクランブル交差点で何もない空を指さして絶命した。正光秀雄96歳。死の間際、正光はあの空に何を見ていたのか。それを突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。そして老人が死んだ同じ日、ひとりの公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる停職中の刑事・相馬。廃屋に残された夥しい血痕、老人のポケットから見つかった大手テレビ局社長の名刺、遠い過去から届いた一枚の葉書、そして闇の中の孔雀……。二つの事件がひとつに結ばれた先には、社会を一変させる犯罪が仕組まれていた!? 鑓水、修司、相馬の三人が最大の謎に挑む。感動のクライムサスペンス巨編!

 

6、なっちゃん

「文房具の解剖図鑑」ヨシムラ マリ/トヨオカ アキヒコ著作

プレゼンの冒頭にボールペンにしか見えないハサミを取り出し、トランスフォームさせて、ハサミに変えていく姿は、まるで手品を見せるマジシャンの様。

思い入れの激しい文房具を思いっきり語ります。

 

“ふだん何気なく使っている文房具には、

「考え抜かれた技術」が込められているのです。"

 

文房具の仕組み、形、生い立ち、使い方を、

楽しくわかりやすい豊富なイラストとともに完全図解! 

鉛筆、消しゴム、ボールペン、ノート、スケッチブック、

カッターナイフ、はさみ、のり、テープ、ステープラー、

定番、ロングセラー、話題の新商品が続々登場! 

あなたの文房具選びに、座右の一冊。

 

文房具マニア必読!ウチのカミさんもハマってますw

 

7、コーディ

「Change」曽田正人著作

 

コーディーさん大好き音楽系漫画、今度はラップ!!

言葉を操り、

私立・鐘鳴館高校1年、栞は堅苦しい校風の中でどこか息苦しい日々を過ごしていた。そんな中、耳にした教師たちの話。渋谷のクラブでバイトをしている生徒を見つけに行く・・話に上がった生徒がクラスメイトのミキではないかと思った栞はクラブ「FAMILY」に向かった。そこで出逢ったのは、言葉とリズムで戦うラップバトルだった! 曽田正人が描く熱い少女の物語、ここに開幕!

 

毎回の事ですが、選ぶのに苦労します。

どれも思い入れの強い作品ばかりなので、自然とプレゼンにも熱が入ります。

その想いも含めて、読みたいという気持ちに繋がりますね。

ぜひ、観覧だけでもご参加ください。

 

次回は繁忙期直前!

ご期待ください。

bibliobattleさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス