東京遊び3 深川不動尊と漬け物屋さんと富岡八幡宮 | 日記。

東京遊び3 深川不動尊と漬け物屋さんと富岡八幡宮


この日は、4月8日。



御釈迦様の誕生日。




たまたま、このお寺の前の漬け物ご飯屋さんで昼にしようとしたら、すごい行列で、彼氏さんが、永代寺に行ってきてよいよ、と言ってくれたので、見に行きました。







永代寺、深川不動尊。



でかい顔のお不動さん。



この日は、ビビのことで悲しみでいっぱいだったので、挨拶しながら、お願いするでもなく、今の悲しみを報告してみました。



僧侶が甘酒を配っていたり、そこかしこで祈祷が始まったり、なんだか盛り上がってました。




個人的に気になったのは、ダキニ天さんのお社がトイレに近かったので、いいのかなぁ~と。




この夜に奇跡が起きました。





すずめっち。





漬け物ご飯屋さん。




懐かしの京漬け物が、たくさん持ってきてもらえて、野菜好きな私たちはモリモリ食べました。




おかわり自由。






定食の粕漬けも美味。





この日、駐車場に車を停めたら、綺麗な木に気がつきました。





『お美しいですね~』



なんてやってたら、あの富岡八幡宮の木だと気づいて、ぎょっとしました。




鳩がたくさん、境内の外の空き地に。





この日は、骨董市だったので、外にいたのかな。













綺麗な鳩さん。





とことこ。






あとで、富岡八幡宮にも行こうかぁ~と言いながら、このあとの清澄庭園に行ったのだけど、のったりくったりしてたら遅くなり、『もう行かなくてもいいかなぁ~。』と思っていたら、鳩さんが。









『ちゃんと来てよね』





なので、やはり挨拶に立ち寄りました。




ここからはスピリチュアリストではないので、普通の人の感覚です。




神職がどうあろうと神威に関係ないし、皆、神様好きです、元気だしてください、みたいに挨拶させていただくと、神威の問題ではなく、子供のように可愛がってきた者たちがこのような事件を起こしたこと、起こさせてしまったことを悲しんでいるような気がしました。
(あくまで、私が勝手に感じたことで、検討違いもいいとこかもしれません。)




なんとなく私まで悲しくなって、神社を跡にしました。






帰ってからの奇跡は、私が炬燵で寝てしまい、寝ぼけ眼で起きたときに、リビングのストーブの前にビビの姿が見えたことです。




ビビは、私をハッとした感じで見ていましたが、すぐに消えていきました(涙)




もう痛みはなさそうで、普通にしてました。
よかった(涙)




深川不動尊さんが見せてくれた気がしてならないです。



ありがとうございました。