やっとおうちの中のカーテンが完成しました・・・(笑)


今までは、前の住人さんが一部残していったカーテンと、
以前のおうちで使っていたカーテンをつけていました。

カーテンは買おうか、作ろうか、すっごく迷ったあげく、
布を買って縫いました。。。


さて、そんな日々でしたが、ようやくおうち写真を撮りました。
少しずつ紹介しますね。


家具ありのバージョンもありますが、まずは入居前の、
リフォームの様子からどうぞ・・・


今回の物件は、築5年と築浅だったため、
水周りをというよりは、壁や床を自然素材を使ってリフォームしました。


リフォームをお願いしたのは、
湘南の設計工房「季木里」さん。→HP
   お世話になりました(^^)



まずは壁からです~♪

ずっとやってみたかったのが、珪藻土や漆喰の壁☆


海辺の優しい生活&花のアトリエ-reform4
珪藻土の白い壁です☆
ざらっとした質感を写真に写すのは難しいですね。



ビニールクロスとは質感が全く違って、趣きがあります。

ちなみに洗面所とトイレは、スイス漆喰を使いました。


海辺の優しい生活&花のアトリエ-reform5
スイス漆喰には、淡い水色を入れてもらいました。


漆喰と珪藻土は、同じ吸放湿性がありますが、成分と固まり方が違うそうです。


     ・漆喰:原料である生物の遺骸が化石化した岩石。石灰岩から作られる消石灰が
      炭酸ガスとして反応し、自ら固まる性質をもつ。


     ・珪藻土:海中のプランクトンの死骸が化石化したもの、そのままでは固まらず。
     今回使用した製品は「マグネシウムとにがり」で固まるもの。

 

まだ暮らしてわずかなので、効果のほどは分かりませんが、

自然素材に囲まれて、とても心地良いです(^^)




次に、床です~♪

気になっていたのが、無垢の床材☆


でも、マンションの管理規定には、防音の決まりがあって、
それに合わせた床材を探さなくてはならず、、、


最初はパイン材が良かったのですが、相談の上、カバザクラにしました。
床暖房が入っているエリアは、ハードメイプルの合板を使うことに。


海辺の優しい生活&花のアトリエ-reform3
手前が、カバザクラの無垢材
奥は、ハードメイプルの合板


でも結果的には明るい床に満足です。



ちなみに以前は、焦げ茶色の床でした。

ダイニングのbefore と  after の画像。

海辺の優しい生活&花のアトリエ-reform2     海辺の優しい生活&花のアトリエ-reform1
before after




そして、リビングと洋室の一面だけ色壁にしたのですが、
長くなりましたので、次回に続きます~。



いつも読んで下さり、
ありがとうございます。
感謝を込めて・・・

HPはコチラ
花のある暮らしのレシピ♪-banar1
もうひとつのブログ