2017-08-11 03:07:13

2社間ファクタリング 今後の方針

テーマ:資金調達

8月11日

ここしばらく書いてきたことは、

実は今後の2社間ファクタリングサービスの今後の方針を考える上で、

基礎となる考え方や状況をご案内してきました。

 

今後の基本的な方針は次の通りです。

 

◆基本方針

①伸びている顧客の会社、事業再生が進む顧客会社の、

  増加運転資金に対応するファクタリング

②地方の顧客の会社の、少ない資金調達の選択肢を補完するファクタリング

 

◆サービス方針

①リーガル遵守 非遡及など今後も徹底

②顧客の会社の真にためになるサービスを徹底 

  現在赤字経営の顧客の会社や

  債務の単純な増加につながる顧客の会社には絶対に実行しない

③2重譲渡や架空債権なのに、

  ファクタリングで資金調達をもくろむ利用者の徹底排除

 

◆今後の課題

①可能な限りの低コスト化 

②間違わない審査の徹底

③コスト負担を吸収するサービスの推進

  厚労省系の助成金 不動産ファイナンス 直接金融

④3社間ファクタリングの普及

 

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)