2017-08-10 03:31:45

銀行融資名人 2 中小企業はメガバンクでの融資は簡単ではない

テーマ:資金調達

8月10日

この間こんな話がありました。

某メガバンクに保証協会付の融資を申し込んだ年商5000万円の会社が、

融資OKですよと言われながら、

結果的に腑に落ちないどうでも良いようなことを理由に謝絶されたそうです。

 

はっきり書きますが、

この規模の会社にとって、メガバンクを相手すると、ほぼ不愉快な思いをすることが多いです。

理由は二つあります。

 

①メガバンクは経営の効率化のための採算上の問題と、中小企業融資自体リスクが大きい点で、

そもそも、年商10億円以下の会社については、やる気がないことが多いし、経営資源もかけていない。

メガが真剣になるのは一概には言えませんが年商30億円以上です。

②①の同じ理由で中小企業を担当するメガバンクの担当者は若年の経験が少ない行員が多い。

 

このような状況がありますから、

本来なら上記の年商5000万円の会社が申込む金融機関が、

信金がベスト、あるいは信組です。

信金か信組なら恐らく話はもう少しスムーズに進んだと思いますし、

意味不明の腑に落ちないようなことを理由に謝絶されることはなかったと思います。

 

前回の記事 銀行融資名人

でご案内した融資名人の知人が利用している金融機関は、

メガも都市銀行もありますが、

どちらかと言うとマニアックな地銀、信金信組です。

例えば地方都市にあるそれほど規模が大きくない地銀の東京支店や大阪支店などの、

大都市圏にある地銀の支店は、

顧客が多いかと言えば決して多い訳ではないから、

案件が少なく案件を大切にしてくれる傾向があります。

また、信金信組は、そもそも小さな会社や設立間もない会社はターゲットの顧客層ですから、

メガなど規模が巨大な銀行と比較すれば、

行員にもよりますが、ほとんどの場合ちゃんとした対応をしてくれると思います。

 

会社によっては、メガバンクの口座の方が取引上好都合と言うこともあるかもしれませんが、

融資を主眼に考えれば、規模が小さな地銀や信金信組がベストの選択です。

DMMオンライサロンご入会 

            ↓↓↓

DMMオンライサロン『思うように資金調達ができない方へ(銀行融資に依存しない資金調達)』

宜しければワンクリックをm(_ _ )m

いいね!した人  |  リブログ(0)