救急搬送された女性に適切な処置を施さず死亡させたとして、警視庁捜査1課と玉川署は29日、東京都世田谷区の病院の当直医だった男性医師(50)を業務上過失致死容疑で書類送検した。同課によると、医師は「適切な処置をしていれば救命できた」と容疑を認めているという。

 送検容疑は、町田市在住の女性(当時26歳)が05年4月14日夜に腹痛を訴え搬送された際、子宮外妊娠破裂が疑われたのに触診やレントゲン検査をしただけで、CT検査や超音波検査をするなど適切な処置をせず、翌日午前に腹膜腔(ふくまくくう)多量出血で死亡させたとしている。【神澤龍二】

「しんぶん赤旗」配布で2審は逆転無罪(産経新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
両陛下が平等院ご訪問(産経新聞)
2億8000万円賠償命令=「サムニン」リフォーム詐欺訴訟-東京地裁(時事通信)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)