電気機械工学とはどのような職業ですか? | 春色たけなわ

春色たけなわ

春色たけなわ

メカトロニクスを専攻して数年を過ごした後、メカトロニクスについての私の見解についてお話します。メカトロニクス工学は、実際にはメカトロニクスの専門分野です。学部課程では、ほとんどのコースは主に機械と電子の科目です。

すべての工学部の学生が学ぶ高度な数学と大学の物理学に加えて、あなたは力学と電子工学を学んだという特徴を持っている必要があります。これらのコースは、教育プログラムまたは大学の専攻に従って提供されます。電機工程学校の電気機械専攻が科学研究で機械知識をより多く使用する場合、機械専攻がより多くの割合を占め、電子工学専攻がより多くの割合を占めることになります。このパーセンテージには、コース要件と単位が含まれます。

あなたは尋ねるかもしれません:あなたは両方の専攻を学ばなければなりません。たくさんのことを学びましたか?機械的または電子的なクレジット(学習時間数を表す一般的なクレジットの数)より少し多く必要ですが、多くのクレジットは必要ありません。実際、2つの専攻の主要なコースのいずれも、電気機械の専攻を教えていません。それは、これら2つの専攻の最も基本的なことと最も関連性のあることを学んだだけです。たとえば、電子工学専攻の最も基本的なアナログ電子技術とデジタル電子技術。多くの電子専攻は学ぶのが難しいと言っていますが、電気機械を専攻する学生は、これら2つのコースを学ぶときに、最も基本的で最も一般的に使用されるコンテンツを学びます。私たちの学校の電気機械専攻では、機械の専門家のコンテンツの基本的なカリキュラム要件と、機械の原理、機械の設計、機械の製造工学など、機械の学生の基本的な知識を学びます。上記は、電気機械専攻の基本的な電気機械コース、次に電気機械専攻のコースについて説明しています。実際、電気機械の専門コースの内容は、電気機械専攻の基本コースを学ぶと非常に簡単です。機械および電気専攻の学部課程には、基本的な制御工学、電気機械の伝送および制御、コンピューターの測定および制御技術などが含まれます。これらのコースの内容のほとんどは、上記の2つの分野の専門的な基本コースに基づいています。勉強すると、2つの分野に同時にコースが適用されていることがわかり、総合的な見直しの感覚があります。

もちろん、これらの専門コースは以前のコンテンツに関連しているだけでなく、多くのユニークなものもあります。とはいえ、メカトロニクスの学部時代に学んだことは、実際には電気機械の分野の基礎であると同時に、メカトロニクスを介して機械をインテリジェントに制御する方法とその方法をみんなに知らせたいと思います。電子測定と制御およびフィードバック技術を使用します。自動化とインテリジェンスを実現します。

関連記事:

機電工程署は、リフト請負業者の性能評価システムの包括的なレビューを実施します

電力?エネルギー効率課

エンジニアリングサービスグル??ープの2番目のグループは、3つの部門で構成されています