【イベント】シクロクロス東京、観戦してきました! | BEX ISOYA STAFF BLOG

BEX ISOYA STAFF BLOG

スポーツバイク専門店 BEX ISOYAの
愉快なスタッフによる
商品、イベント・キャンペーン情報から
自転車に限らないあれこれまで。


テーマ:
今日はひときわ寒いですね!成城店田中です。
なんとお店の横の雨樋には大量のツララがぶら下がっています…(本当ですよ!)
さて、昨日8日(日)はお客様と共にお台場海浜公園まで"シクロクロス東京"を観戦に行ってまいりました。

シクロクロスとは、オフロードの周回コースで行われる自転車競技です。
今回のコースは砂浜、階段、泥だらけの斜面と短い舗装路区間で構成されるハードなコース。
お昼前に会場に到着すると、ちょうどリレー形式で行われる90分エンデューロのレース中でした。


砂浜に設けられたスラローム区間、コース上に突如現れるフライオーバー(立体交差)・・・
ロードレースばかり見ている目には新鮮な光景です。そしてそれが面白い!
一般クラスは車種制限がないため、タイヤが極端に太いファットバイクで出場している選手も多くいました(砂浜を乗ったままクリアできるんですね!)。


弱虫ペダルの原作者、渡辺航先生も参加されていました。


エンデューロが終わると同時に、空からは雨粒が…
ひとまず会場に設けられたTREKブースの大型テントに避難します。

TREKブースではホットワイン・コーヒーナッツ類をご用意させていただきました。
そしてイスはファクトリーレーシング仕様…!

今年は来日していませんがケイティ・コンプトンのBoone(実車)も展示、その特徴的なグラフィックで注目を浴びていました。


さて、お昼を挟んで女子のエリートクラス(CL1)。路面は雨でかなりスリッピーになってきました。

TREKテントはコースの真横。雨に濡れずに観戦できます。
泥区間で滑って転倒する選手も多い中、先頭はミスを最小限に抑えた豊岡選手と宮内選手の一騎打ち。
勝負はゴール寸前までもつれましたが、僅差で豊岡選手が優勝を決めました。

その後は男子のエリートレース。これまでのレースとは明らかにペースが違います!

一般クラスではほとんどの選手が降車していた砂区間を猛烈な勢いで走り抜けるのが優勝したザック・マクドナルド選手。
階段をバニーホップで飛び越えるテクニックも活かしながら、後方の選手を1週毎にどんどん引き離していきます。

ザック選手は最終的に2位のベン・バーデン選手に1分半近くの差を付けて圧勝
3位争いは全日本チャンピオンの竹ノ内悠選手とこの日限りで引退を決めている山本和弘選手のデッドヒート
最終的には山本選手が先着。最終周まで続く一進一退の攻防に観客の皆さんも大盛り上がりでした。


2月の冷たい雨の中ながら、女性も含めた沢山の観客の方が集まってお祭りのように楽しめた大会でした。
またどこかで観戦ツアーを実施しようかと思いますので、その折には今回来られなかった方もぜひご参加下さい!


※撮影した写真をウェブアルバムにまとめました。閲覧はこちらからどうぞ!



BEX ISOYA成城では最新の商品入荷・イベント情報をFACEBOOKで発信しています。

BEX ISOYAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります