あなたのニキビはどの種類? | アレックス的 アンチエイジングマガジン

あなたのニキビはどの種類?

アレックス的 アンチエイジングマガジン
「ニキビ」と言えば思春期にでき易いイメージがありますが、大人になってからもニキビで悩まされる人も多いのです。


大人になってからできるニキビは、「大人ニキビ」と言われています。


一般的に大人ニキビの主な原因は、不規則な生活、ストレス、ホルモンの乱れなどが考えられます。


「ニキビ」は、その段階によっていくつかの種類に分かれています。
ニキビの種類によってケア法も違いますので、まずは、自分のニキビの種類を知って、正しくケアをしましょう。


ニキビの予備軍、コメド

皮脂が過剰に分泌されると、古い角質と混ざり合って角栓(コメド)ができます。角栓(コメド)は、毛穴を塞ぐ原因となるニキビの予備軍です。


白ニキビ

角栓によって毛穴が塞がれてしまうと、皮脂が毛穴にどんどん溜まっていき、皮脂が盛り上がりって、頭が白っぽくなります。


黒ニキビ

角栓によって詰まった皮脂が毛穴を押し広げ、皮脂や汚れが空気に触れて酸化すると頭が黒っぽくなります。黒ニキビは、主にTゾーンや鼻、あごの周りにできやすいです。


赤ニキビ

私たちのお肌の中にはニキビ桿菌が住みついています。ニキビ桿菌は、通常はお肌を弱酸性に保つ作用がある良い細菌ですが、毛穴に詰まった皮脂を栄養にして増殖します。その過程で刺激性物質を生産するので、これが刺激となり、炎症を起こして、赤く大きく膨れ上がったニキビになります。


黄ニキビ

赤ニキビの炎症が進行すると、毛穴に膿が溜まって膨れ上がり、毛穴周辺の組織が破壊されます。この段階になると、真皮層まで傷ついてしまうので、ニキビ跡が残ってしまいます。


アレックス的 アンチエイジングマガジン