和楽器バンドメンバー | 和楽器バンドファンの独言

和楽器バンドファンの独言

和楽器バンドファンのブログです。
LIVEに行ったり、御朱印集めに神社仏閣を巡ったり☆


テーマ:

そういえば和楽器バンドを推してるくせに

メンバー紹介をしていなかったことに気付いた

 

 

 

 この画像の左から

 

箏:いぶくろ聖志

東京都出身。高校在学中、文化庁での派遣による中国での演奏から始まり、ベトナム、イラン、カタール、クウェート、韓国等、八カ国での海外公演に参加する。
国内では各種メディアにて公演を紹介される他にも全音楽譜出版社より編曲集を刊行する。
箏の持つ楽器としての可能性を追求しており、邦楽器だけではなく洋楽器とのコラボレーションにも多く参加している。
 
 
いぶくろさんはいつ見ても
どの写真もハズレがないキレイなお顔ですね〜
眼福×2
 
 

Drums:山葵

中国出身、岡山育ち。中国人の父と日中ハーフの母を持ち、ニコニコ動画の人気カテゴリ“演奏してみた”にて圧倒的な人気を誇るドラマー。
15歳よりドラムを始め、ロック・ポップスのみならずダンスや演劇とのコラボレーション、レコーディングワークなど幅広いフィールドで活動する。
メンバー最年少でありながら、テクニックには相当な安定感があり、中でも高速のツーバスは黒流とのコンビネー ションと共に、この和楽器バンドの名物となっている。

 

 

男は黙って背中で語れ(笑)

岡山育ちに勝手に親近感(・ω・)

 

 

Bass:亜沙

現在、ボカロPとしてもニコニコ動画にて活躍中。
2012年7月に投稿したボカロ曲「吉原ラメント」が2015年4月現在までに120万再生を超える人気を博し、ニコニコ動画上にて様々なアーティストによって歌われた。
この曲はアルファポリス社より小説化されている。
EXIT TUNESの祭典「EXIT TUNES ACADEMY」にも参加。

 

 

亜沙さんはゆるい感じが好きです(・ω・)

 

 

尺八:神永大輔

福島県いわき市出身。18歳から尺八をはじめ、都山流尺八師範となり”耀山”の号を授かる。
これまでに10カ国以上の海外公演経験をもち、テキサス州オースティンで開かれる世界最大級の音楽コンベンションSXSWや、フランス・パリ市で開かれる日本文化のフェスティバルJapan Expoなど、国内外の大型イベントにも多数参加。
またゲーム音楽をこよなく愛し、著名な作曲家とのコラボレーション企画「Playing Works」シリーズなどを通じてその魅力を伝えている。
一方、尺八講師として都内に教室を持つほか、複数の大学、教育機関等でも講義を行っている。地元いわき市では、いわき芸術文化交流館アリオス主催のおでかけアリオス登録アーティストとして参加。市内の小中学校等に演奏を届けている。

 

 

凄い人なのに普段は温和な笑顔のイジラレさん

あんなパフォーマンスしながら尺八吹ける不思議(・ω・)

 

 

Vocal:鈴華ゆう子

詩吟師範。3才よりピアノ、5才より詩吟と詩舞、剣舞を始める。
東京音楽大学ピアノ科卒業。
2011年12月日本コロムビア全国吟詠コンクール全国大会優勝。
現在、和風ユニット「華風月」のヴォーカル(詩吟)&ピアノ担当。
 
 
和装が似合いますね〜
詩舞、剣舞 してたとのことで仕草がキレイ♡
 
 

Guitar:町屋

和楽器バンドにて、ギター&サイドボーカル担当
インディーズシーンで絶大な人気を誇る「m:a.ture」のギター&ヴォーカルとしても活動中。
その他、多方面のアーティストとのセッション、ツアーに参加している。

 

 

声がせくすぃ(・ω・)

旦那は能面してて欲しいみたい(笑)

 

 

和太鼓:黒流

3才より和太鼓にふれ、9才で東京の和太鼓プロ集団に入門。
そこで伝統的な事を修行し、その後独立。
世界15ヶ国以上での公演の他、雑誌・TV・舞台等、国内外を問わず様々なシーンで活動。
伝統的な楽器「和太鼓」を使って、新しい音楽を生み出す和太鼓奏者として、様々なミュージシャンやアーティストとの融合を続けている。
東京都教育委員会主催「東京都高等学校文化祭・郷土芸能部門・中央大会」審査員。
東京ディズニーランド&シー「ブレイジングリズム」「カウントダウン」「レジェンド・オブ・ミシカ」「ディズニー夏祭り」和太鼓振付・指導等、様々なアーティストとのセッション、レコーディングに参加。

 

 

盛り上げ部長的な?(笑)

山葵さんとダブルで脱がないかな(・ω・)

 

 

津軽三味線:蜷川べに

京都生まれ、大阪の流派で4歳の頃から民謡を始める。
日本民謡ジュニアフェスティバル大会にて優勝、
サンケイ民謡大賞 優勝、内閣官房長官賞。
本荘追分全国大会優勝、文部科学大臣賞。
15歳で喉を痛めたのをきっかけに津軽三味線に力を入れる。
和楽器での音楽の可能性を追求する為に東京で活動を始める。

 

 

いつもツボな衣装で目の保養させていただいています(・ω・)

 

 

ざっくりこんな感じでしょうか

拾ってきた画像サイズの関係で出所バラバラですが見逃してください

 

 

 

オモニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス