もうすぐ3/21。春分ですね!

 

占星術的には、春分は1年の始まりを表していると言われ、

春分図を通して1年の特徴や流れを予想することができます。

 

去年の春分から始まった流れは、3/21で終了。

春分で一度足並みを揃え、新たな流れが始まります。

 

去年の春分からの1年は、内も外も我慢や忍耐を強いられる場面が多く、

なかなかにしんどい1年でした。

(その前の年もしんどかったけどw)

 

 

次の1年はどんな感じでしょう?

さっそく見ていきますね!

 

 

 

 

↓2019年春分図

 

 

ホロスコープの頂点に、山羊座の冥王星と土星のコンジャクション。

ドラゴンテイルも重なります。

 

 

春分からの1年は、社会構造を根底から再構築するような大きな変化が見られるでしょう。

 

5/1に新天皇即位を控え、平成の終了、新元号元年でもあり、

日本という国の象徴が変わる節目の年。

 

春分図を見たとき、この流れとホロスコープが一致しているのが、すごい!と思いました。

 

 

他にも、社会構造の大きな枠組みやルールを根っこから変えるような出来事が起こりそうです。

 

それは、大事件が原因になるというよりも、小さな出来事をきっかけに一部が壊れ、瞬く間に全体に波及して、組織自体が成り立たなくなる、というような出来事を通して起こりやすくなっています。

 

すでにコンビニでは、人手不足から24時間営業が成り立たなくなり、一部のオーナーが営業方針の見直しを働きかける動きが出ています。

 

コンビニを社会インフラと捉えるなら、少子高齢化社会を見通して、どのような運営方法が成り立つか、抜本的な改革につながる様相。

これを機に、中国やアメリカで始まっている無人コンビニの導入が進むかもしれません。

天王星牡牛座的な流れと相まって、IT化、自動化、AIの浸透が進む。

 

こうした流れが、業界を問わず、随所で見られる可能性大。

 

もう構造が古くなってしまったもの、これからの世界にそぐわないものは、ふるいにかけられ、小さな出来事をきっかけに変化せざるを得なくなる。

 

そんな場面を見かけることが多くなりそうです。

 

 

 

そして、この古いものが壊れていく流れは、個人にも当てはまります。

 

3/6の天王星の牡牛座入りによって、これまで到底変化すると思えなかったものが変化する流れが始まっています。

 

このうねり、じんわりですが、なかなか強烈。

 

>> <天王星牡牛座時代>2026年までの未来予想図

 

 

そんな中、さらに、春分からの新たな流れが重なり、個人のキャリアや仕事の分野に大きな影響が出そう。

 

多くの人に、夢見ていたキャリアや、描いていた人生設計に、大きな方向転換が起きるかもしれません。それは、内面的なことにも起因しますし、組織的な変化を通して必要に迫れられることもあるでしょう。

 

 

 

さらに、牡牛座入りしたばかりの天王星は、1ハウスで、アセンダントとゆるく重なります。

 

個人のアイデンティティが大きく揺らぎそうです。

 

この揺らぎは、、かなりギリギリまで追い込まれる様な強い葛藤をいただきやすく、芯が通っていないもの、自分軸で強く確信できる価値観以外は、根こそぎ破壊してしまうかもしれません。

 

将来像の変化に伴い、自分自身を大きく変えたくなる人も多そうです。

 

この流れに逆らうのは難しいでしょうね。。。。強烈な時代の意図を感じます。

 

 

また、身体の変化も起きそうです。

 

長く続いた生活習慣の見直しをしたくなったり、外見も内面も本当の自分らしさを追求したくなったり。

 

余分なものを体内にたくさん抱えている、という人は、身体の断捨離が進むかも。

 

体質改善的なものや、より健康的な断食、「食べる」よりも「出す」ことで健康になる方法

が人気を集めるかもしれません。

 

 

 

こういう場合は流れに乗ってしまうに限ります。

逆らわず、要らなくなったものはどんどん手放す。

 

手放しが進めば、新しいものが必ず入ってきます。そのための必然的な流れです。

 

 

とはいえ、これまでに内面を見つめてこなかった人には、かなり厳しい感じ。。

自分が何が好きかわからない!どうしたいのかわからない!という葛藤はこれまでにも増して強くなるかもしれません。

 

射手座の木星が調和的に働きますので、厳しさを感じる人は、哲学的なものを学んだり、より広い世界に触れるなどして精神性を高めるといいでしょう。

スピリチュアリティを育むことで内面の葛藤が和らぎます。

 

 

また、土星が射手座にいた頃(2015年9月〜2017年12月)に、精神性を高めてきた人はその結果が生活の豊かさにつながるだけでなく、自身のアイデンティティに根付き、個性と混じり合い、他者に一線を画す人間力として発揮されていくでしょう。

 

今以上の豊かさにつながる流れです。

 

 

・・・と、ここまでですでに厳しい感じなのですが、

牡羊座に入ったばかりのキロンが、太陽と重なります。

 

 

こちらでも、アイデンティティに対する問いが、クローズアップされています。

 

私は何者で、何のために生きているのか?を様々な場面で問い続けることになりそうです。

意識するしないに関わらず、内面の深いところで禅問答のような問いかけが繰り返されるかもしれません。

 

内面の葛藤は、やはり大きそう。

 

 

全ては新しい世界へ進むための、産みの苦しみ、です。

 

その新しい世界が見えてくる1年でもあります。

 

自分の中から湧き出てくるような思いや直感が、内も外も変化の多い、激動と言っていい1年の足元を照らし、新しい世界へあなたを導いてくれるでしょう。

自分の直感を信じることが大切になります。

 

また、導き手のような人物が現れる可能性もあります。

うわべの言葉ではなく、豊かな人生経験を通してのアドバイスやサポートが、あなたを進むべき道へ誘うガイドとなるかもしれません。

 

 

逆行中の水星がご縁の結び直し中です。

春分以降の1年だけでなく、天王星牡牛座8年の「はじまりのむすび」 になるご縁。

 

3月に入り縁が深くなった人、再開した人など「むすび」があった人は、あなたのガイドかもしれません。

 

この1年、その人との関係性を通して学ぶことが、新しい自分の軸を作る助けになるでしょう。

思い浮かぶ人がいたら、そのご縁は大事にしてくださいね。

 

 

 

また、これまでの流れの中で、歪められた女性性が癒され、新たな女性性の誕生を迎えています。

 

>> <乙女座満月>1年の総決算。女性性の再誕生と、新しい価値観の芽生え。

 

 

今年は新たな女性性が世界にゆっくりと広がり、徐々に馴染んでいくでしょう。

 

それにより、これまでダメだと思い込んでいたことにすんなり取り組めるようになったり、女性だから◯◯しなくてはいけない、といった「女性」を枕詞にしたような表現や意識に対して違和感を覚えることが多くなりそうです。

 

「女性」を定義していたこれまでの枠は消え、と同時に、

「男性」を定義していた枠も壊れていきます。

 

新たな「性」のあり方、理想を個人の中で描き、捉え直す。

そして、ゆくゆくは社会全体へ浸透する新しい「枠」が生まれていくのだと思います。

今年は新しい「性」のあり方を考える元年とも言えるでしょう。

 

アイデンティティの再構築の中で、セクシャリティの見直しが占める割合も大きそうです。

 

 

こうして見てみると、2019年は、内も外も変化の大きい、激動の一年となりそうです。

 

とにかく自分軸!これですね。

 

大きな波です。逆らえば葛藤は大きくなりますが、

 

乗ってしまえば、新しい世界にすぐ行けそう。

 

行きましょう、新世界!

 

 

 

 

3月のセッション、数枠募集中です。

4月のスケジュールは近日ご案内予定です。

 

 

詳細はこちら↓からもご確認いただけます。

_____________________________

 

□セッションメニュー・一覧(最新版)

https://sadalsuud.info/menu

 

 □3月のスケジュール、お申し込みはこちら

https://coubic.com/puccihacci

 

□お問い合わせ

https://sadalsuud.info/contact

 

お気軽にお問い合わせください。