引き続き、ルミナさんの九頭龍のメッセージと、わたしの星探しに不思議なシンクロを感じております。

 

なんだろう、これ。。。。


 

四神の再生と配置、何が起こるんだろう。

 

この部分がすっごく気になる。

 

 

四神については、星探しの間も、その前のダヴィンチの謎解きの時もずっと気になってて。

 

>>【地上に描かれた古代の星を探せ!】*15<秘められた力のありかか?「蛇」の眠る王の住処>

 

>>ダビンチのキリスト画。。。これも男女の入れ替わり、では?

 

 

4元素(火・水・土・風)の共通点から、四神(青龍、白虎、朱雀、玄武)と不動宮の4星座(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)は、同じ何かを違う見方で表現してるんだなと思っていたら、年末近くなり、この不動宮の4星座はアバターゲートだということを知った。

 

*アバターゲートとは?の詳しくはこの記事に書いてます。

 

>>翼の生えたスフィンクスとアバターゲート

 

 

この時は冬至前だったから、冬至のエネルギーが具現化するエンジェルズゲート(水瓶座)の立春(2/4)に何が起こるか観察してみようと思っていたら、、、

 

この時のこれが、思いがけない方向に進んできたような。

 

 

 

 

 

さて、何が起こるのか?

 

理由はよくわからないけど、ルミナさんの記事を読んだときに、ふと浮かんだことがある。

 

それは、

 

四神の再生、配置が完了したら、何かの門が開くんだ

 

ということ。

 

 

 

それはもしかしたら、

 

この間の熱田神宮で開けたい!と強く思った開かずの門(清雪門)かもしれないし、

 

>>【星の巡礼】北斗七星+1星を順に巡る③ 熱田神宮編

 

 

 

「なんだこの固い場所は!」と思った、第7チャクラの国府宮(尾張大国魂神社)かもしれないなあ、なんて思って。。。

 

 

 

 

 

国府宮は、何かが「封印」されてる感じだったところ。

 

>>「隠された星の神」はなぞかけで、「星の中に神様が隠されている」が正解だ②

 

 

どっちかで何かの門が開く気がするんだよなあ。

 

 

なんとなくそう思うだけなんだけど。

そんな気がしてならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちだろう?

 

と、ぼんやり考えていたら、

 

そういえば、国府宮ではこの時期に有名なお祭りが行われるのを思い出した。

 

 

ここ数年。

 

毎年行きたいと思いつつ、行けなかったこのお祭り↓

 

 

「儺追(なおい)神事」

 

 

一般に「はだか祭り」で知られるこの祭りは、毎年旧正月の13日に行われる。

 

今年は2月17日が、儺追(なおい)神事の日。

 

 

ルミナさんの記事より、四神の配置のロックが完了するのが2月13日の牡牛座上弦の月。

 

あれ?日程感、バッチリじゃない!?

 

 

そして、2月13日はわたしの誕生日。

 

ホロスコープのASC、IC、MC、DCが不動宮の4星座だから、わたしのホロスコープも

何かロックが完成して扉が開くんだろうか?

 

あら?もしかして??

 

 

 

 

 

 

新男が引き上げられるシーンが、覚醒のプロセスの、あの苦しく長い道のりに重なり

見てて涙出るんですけど。。

この祭り、そういうことなの??

 

 

 

儺追(なおい)神事は、新男の選定に始まり、はだか祭り、夜儺追(よなおい)神事、

的射神事など、全て合わせると10日前後にもなる大掛かりな神事だ。

 

なのに、神事の相手(神様)が実はよくわからない。

 

 

そもそも、国府宮の主祭神は、尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)。

はっきりと名前がわからない神様なのだ。

 

しかも、この祭りでは、祭り前に主役のはずの尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)は

よそに移されるそうで。。

 

そうなると、残るのは、境内の別宮に祀られる2神(歳神之御子(おおとしがみのみこ)と田心姫命(たごりひめのみこと))のみ。

 

 

以前、国府宮に行ったとき、この別宮に参拝できなかったんだよねー。

 

なんだか、とにかく怖かった!

 

 

でも、ずっとこの別宮のことが気になってて、、、、

 

北斗七星+1星でも、国府宮は要の場所。

生命の樹の隠れたセフィロト(ダート)で、第7チャクラでもあるし。

 

 

いろいろと表に出てないことがあるんだと思うんだよなあ。

 

その辺り、面白い本を見つけたので、ただいま読書中。

星巡りで近々、国府宮に実際に行くし、その感想も合わせて別で書きたいと思います。

 

 

 

 

何が起こるかわかりませんが、四神の再生と配置が、星探しに

さらに深みを与えてくれるような予感。

 

そして、門が開く。

 

それはおそらく、国府宮で。。。

 

 

今年こそ、はだか祭り、行こう。

 

寒くてもガマンガマン

強く決心したのでした。