ミワユータの赤裸々日記

ELIZABETH.EIGHTのボーカル、ミワユータの赤裸々で日常的なアレなアレ。


テーマ:



おめでとうございます。ミワよ。



明後日は、
先輩であるセクシーパンサーの20周年ワンマン。
大きなところでやる。

きっと明後日はブログ書かない。
仲間が大集合で胸が一杯だろうから。




20周年ツアー。

それまでの道のりの数本、呼んで貰いました。
特に、セミファイナル、
呼んで貰えて嬉しかったです。


先輩のいないバンド人生でした。
バンドの動かし方も手探りでした。
セクシーパンサーは数少ない先輩でした。

ハンクスとかボノボノとか、
彼らにとって、
セクパンのような存在であろうと思いました。

惜しみなく知識を与え、
言葉でなく、ステージで教える。


そういう先輩であろうと。



ミワユータ、
まだ一個もできてません。



この話をすると、
まだ言ってるかと同期は笑うけれど、
女になるとわかる。


バンドの世界は、男社会です。


可愛ければ舐められて、
可愛くなければ貶される。

本当に、対等でいるには、
色んなものを捨てて、
賢く、柔らかく

「男と張り合わないこと」


それが、
ミワユータが長年で磨いてきた武器。





タマさん、きっと忘れてるでしょうね。
あのことを、覚えてますか?


みんなで飲んでる時のことですよ。
タマさん眠そうな夜のことですよ。




ミワユータの同期の女性ボーカルが、
とても人気があってたから、

音楽性から飛び火し、
彼女が可愛い、可愛いという話題になった日。


同時に、
ミワユータをオンナじゃない!と下げれば、
面白い、というムードの中。




タマさんとハンズインだけ、
黙っていて。



急に、

タマさんは、
ミワユータの肩を叩き、

大きい声で言いました。



よくわかんないけどさ!
おれはみわっちょが好きだね!
イカレてるし、本気だし、
まず、あんな喋りが立つやつ、いないね!





その時、嬉しかったのが、
そういう褒め言葉だったこと。

嘘とかお世辞で、可愛いとか、
取り繕うんじゃなくて。


同じフロントマンとして、
評価して貰った気がして、


救われました。




そして、




こうして、ツアーでご一緒して、
今。
貴重な体験を、改めてさせて貰ってます。




セクパンのファンの方々がドキドキしてる。
ギリギリまで宣伝しようとしてる。


うちらのAXの時も、
きっとそうだったよね?

みんなドキドキして、
きっと宣伝してくれてたんだよね?



五年ごしのありがとうが言える。

ありがとう。





20年、何事も続けるのは並みじゃない。
生きてることも、育てることも。
20年は。





明後日は、
マスカラとアイライナーはほどほどに。
どうせ崩れるから。


westで、この顔にピンと来たら、
遠慮なく、声をかけてね。




こんばんわ。
セクパンの後輩のベスハチです!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ミワユータさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。