映画を観てきました | 僕はここにいる

僕はここにいる

大和路日記


テーマ:

 

なら国際映画祭実行委員会が主催の、

毎月奈良市内の各所で上映される、

ならシネマテークの7月度の作品、

「すれ違いのダイアリーズ」という映画を、

今月の開催場所「奈良国立博物館講堂」で観てきました。

 

実話をもとにしたらしいタイ映画です。

 

電気なし・水道なし・携帯電話もつながらない

僻地の水上学校の先生に赴任してきた

ダメ教師の主人公が、

ある日偶然前任の女性教師の、

日記を見つけました。

 

そこには、自分と同じように

僻地の学校で寂しさを感じ、

子供達の教育や恋人との関係に悩む、

女性教師の正直な心の中が書かれていたました。

その悩みに共感したり、

ある時は教え方を学んだりするうちに、
会った事もない彼女に恋をしてしまうという

内容の映画でした。

ユーモアをまじえたいい映画でしたが

概ねストーリーが想像できてしまいました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Birdie (バーディー)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス