なぜ多くの人は仕事が嫌いなのか?①&第一期目終了。 | 新米社長のビジネス奮闘記

新米社長のビジネス奮闘記

平成生まれの25歳、新米社長の日々の考えや起こった出来事を綴っていきます。


今日は「なぜ多くの人は仕事を嫌いなのか?」という点についてお話しをしたいと思います。




…と、その前に。


4月末を持ちまして当社の第一期目が終了しましたのでご報告させて頂きます。

{342290DE-8E2D-4E27-8285-AE0DDA06FEC7}



昨年5月の会社設立からここまで丸1年、良くも悪くも全然あっという間ではなかったです。笑
サラリーマンを辞めて自分の会社1本にしてからは半年程ですが、1年通して激動でした。

良いこと悪いこと、今では全て良い経験となり、なんとか少しずつ最低限のベースは出来てきたかと思います。
多くの方のご支援に助けられ、この場を借りて僕に関わる全ての人に感謝の意を表したいと思います。


本当にありがとうございました。


私個人としても考え方や経験がとてもブラッシュアップされた年でした。

多くの経営者の方々から学び、
時を同じく起業された方々から刺激を受け、
コンサルに入らさせて頂いている企業の方々やクライアント様からの感謝の言葉が自分のモチベーションとなり、
サラリーマン時代には得ることが出来なかった経験をいろいろとさせて頂きました。



1期目は最終的に良い形で終わることができ初決算を迎えましたが、今月からは第2期目となります。
これまで地道に築いてきたベースを基に、今期は新たなビジネスをどんどんスタートさせて行こうと思います!!!!


既に準備が整ってきているもの、構想段階のものと様々ですが、今年は「仕掛けていく年」になると思います。
そろそろ正社員雇用等も本格的に考えていこうかと思います。
サボり気味のこのブログもちゃんと更新します。笑


詳細はまた追って…


乞うご期待ください!!
そして今期もご支援、ご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。






さて、では本題に移りたいと思います。


先でも書きましたが【なぜ多くの人は仕事が嫌いなのか?】という点にフォーカスしたいと思うのですが、基本的にはサラリーマンの方ですね。


僕も多くのサラリーマンの知り合いがいますが、「仕事が楽しいor好き」だという人は1割くらいかと思います。


経営者や起業家の人の思考で言うと、うまくいってようがうまくいってなかろうがどこか楽しんでいる人が大半です。
僕もそうです、起業してからしんどかったことや苦労したこともありますが、それを乗り越える手段を考え実行していくことを楽しんでいました。
(今思えばというのもありますが…笑)



ではその思考の違いはなぜなのでしょうか?



「根本的に性格や考え方が違うんだよー」、そんな言葉をよく耳にします。
ただ逃げているだけですよね、自分の弱さから。


別に一生それで幸せだという人はそれでいいと思います。
おそらく年を取るに連れて成長していく人間との関係性が無くなって薄給の中なんとか生活をしていくでしょう。



ただ、特に男性は多くの人が60~70歳くらいまでは嫌でも仕事をします。
今は女性も40~50代でも仕事を続ける人も増えてきました。

すなわちほとんどの人が嫌でも人生のうちで限られている時間の大半を仕事に費やすわけです。


「人生を豊かにしたい」
「幸せになりたい」



人によって幸せの定義は違いますが、誰もが思うことだと思います。
すなわち上記のことを踏まえると、僕は「人生を豊かにする」ということは、

「仕事の時間が楽しいか否か」
「仕事の前の日や毎朝、仕事に行きたくないと思うか否か」

人生においての幸福度に直結すると考えています。



そしてその思考能力をプラス側に持っていく為には、

①なぜ自分が仕事が嫌なのか?

を自分自身の「理性」で理解し、

②自分が仕事をしたくなる、好きになるにはどうしたらいいのか?

を自分自身の「感性」に響かせることが大事だと思います。




この考えは誰でも持つことが可能です。

そしてこの考えを持てるようになると、今までの仕事の悩みが嘘のように解決しうまくいくようになります。
その結果、給料や収入が増えたり、夢が出来たりする可能性が格段に上がります。


多くの人が知らず知らずのうちにこの思考を持つことを諦めています。
それはとても勿体ないことです。
僕は一人でも多くの人にその幸せをや楽しさを感じて欲しいですし、伝えられることが出来ればそれは僕も幸せです。



その方法や考え方を紐解いていこうと思いますが、続きはまた後日書きます。
それではまた!