働く女性専門コーチの人生成功コーチング

「仕事は生き方そのもの。でも、心の余裕や、安らぎ、楽しさも欲しい」
仕事、家事、子育てと多くを抱えて働く女性へ、日々のコーチングから得られた『幸せな成功』をめざすヒントを綴ります。


テーマ:
こんにちは。ビジネス&ライフコーチの松脇美千江です。

朝、夕は随分涼しくなってきましたね。


さて、「主体的」とか「主体性」という言葉が
ビジネスの現場でよく使われます。

・主体的な部下がほしい
・もっと主体性を発揮してほしい  etc.


これらの言葉は、よく考えてみると、
誰かに主体的になってほしいという言葉。

自分のことには言及していません。



・私はもっと主体的になりたい

という言葉は、あまり聞いたことがありません。

多くの人が、「自分は主体的だ」と思っているのかもしれません。



私自身も以前は、「私は充分主体的だ」と思っていました。

仕事も家事も、子どもが小さい頃は子育てもしながら
いろんなことを同時並行でやっていて、充分主体的だと・・・。


ところが、「主体性」という言葉の意味を知ればしるほど
主体的ではなかったと、恥ずかしさを覚えます。


主体的な人は、

・感情的にならずに自分の大切にする価値観や原則に沿って選択します

・自分の人生の責任は自分にあると自覚しています

・まわりの環境や人に不平不満を言う前に、自分にできることは
 何だろう?と考えます

・周りがやらなくてもこれは大切だと思うことは率先してやります


いかがでしょうか。


私自身は、以前の主体性欠如を自覚しつつ、現在、鋭意努力中です。

特に、

「感情的にならずに自分の大切にする価値観や原則に沿って選択する」

というのは、一生かけて常にそうあるようになりたいと
心がけているところです。




・自分の方から声をかける

・部下を観察してみる

・トラブルを誰かにせいにするのではなく、今、自分や自分の部署で
 やれることは何だろう?と考えてみる

・どんなチームにしたいのか考える

など、「誰かに変わってほしい」と思う前に、
主体性を発揮してやれることはいろいろありますね。



時間の使い方も自分の主体性をチェックするのにいい指標です。

代表的なのが、

・緊急ではないけれど重要なこと

をどれだけスケジュールの中に入れて実行しているか。

緊急でないことをちゃんとスケジュールに入れて実行するには
主体性が必要ですが、

緊急なことに対応していて一日が終わった、ということは誰にでもありますね。

これは、頭ではわかっていても、毎日繰り返し心がけて実行しないと
なかなか習慣になりません。


「主体的である」

本当に深いなあと感じます。


今週末の7つの習慣(R)実践会のテーマは、
第3の習慣「最優先事項を優先する」です。



■7つの習慣(R)実践会
by 松脇美千江 (7つの習慣(R)アカデミー協会 マスターファシリテーター)

7つの習慣(R)実践会は、読書会形式のワークショップです。

『7つの習慣』を少しずつ読み、ワークをしながら
学びと実践を深めていきます。

日程:2017年9月24日(日) 14時〜17時

テーマ:「第3の習慣 最優先事項を優先する」 該当ページ P191 〜 P249

時間管理が気になっている方にぴったりの章です。
初めての方も気軽に参加ください。
お待ちしています。

場所:福岡市天神会議室  *お申し込みいただくと詳細をご案内します。

料金:5400円(税込み)

お申し込みはこちらから



体験コーチング 未来準備のための頭と心の整理の時間

ホームページ  現状の改善に役に立つ情報を掲載
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

女性経営者・管理者・起業家専門コーチ@松脇美千江さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります