働く女性専門コーチの人生成功コーチング

「仕事は生き方そのもの。でも、心の余裕や、安らぎ、楽しさも欲しい」
仕事、家事、子育てと多くを抱えて働く女性へ、日々のコーチングから得られた『幸せな成功』をめざすヒントを綴ります。


テーマ:
こんにちは。ビジネス&ライフコーチの松脇美千江です。

お盆休みも終わり、日常が戻ってきましたね。

家族と過ごし、お墓参りをするお盆は
家族がかけがえのない存在であることをあらためて感じさせてくれます。

そして同時に、「一番手強い?相手である」ことも感じませんか。


例えば、他人には寛容になれても
家族にはつい反応的になってしまったり、

心では大切に思っているのに、相手の言葉に引っ張られて
つい優しくない表現をしてしまう など。


私の場合で言うと、

夫の気持ちを優先して、
自分自身のことはあとにしてしまうパターンがあるのですが、

今は随分減ってきたこのパターンが、実はまだまだあることを
認識したお盆休みでした。


これは、結構、まずいなあ^^;

なぜかと言うと

このパターンは、
「主体的に自分の人生を自分の手で思い描く」
ということをせずに、相手に委ねてしまうパターンだからです。


『7つの習慣』の「第2の習慣」にこんな言葉があります。


「私たちの内面の奥深くにある弱さと依存心、
愛されたい、どこかに属していたい、
ひとかどの人物と見られたいという欲求に負けて、

他者が押し付ける脚本を受け入れてしまうのだ」


家族の場合は、夫婦でも、親子でも
愛し愛されたいという欲求があるのは自然なことですが、

この欲求に負けて、
「自分の手で自分の人生を思い描く」ことを手放していては、

自分自身の心が満たされません。

一時的には相手とうまくやれても長期的にはいい関係性が
築けなくなってしまいます。



無自覚なままにしている「自分は何を望んでいるのか」を
明確にすること(=自覚すること)は、

自分自身だけでなく、実は相手にも大事なことですね。

特に家族であればなおさらです。


これは家族との関係だけでなく、
仕事の関係者との場合でも同じことが言えます。



頭の中で思い描く第一の創造をすることが
主体的な人生を送る鍵である

と、また気づかされました。




■7つの習慣(R)実践会
by 松脇美千江 (7つの習慣(R)アカデミー協会 マスターファシリテーター)

7つの習慣(R)実践会は、読書会形式のワークショップです。

『7つの習慣』を少しずつ読み、ワークをしながら
学びと実践を深めていきます。


日程:2017年8月20日(日) 14時〜17時

テーマ:「第2の習慣 終わりを思い描くことから始める」 該当ページ P116 〜 P190

場所:福岡市天神会議室  *お申し込みいただくと詳細をご案内します。

初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。

料金:5400円(税込み)

お申し込みはこちらから



体験コーチング 未来準備のための頭と心の整理の時間

ホームページ  現状の改善に役に立つ情報を掲載
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

女性経営者・管理者・起業家専門コーチ@松脇美千江さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります