こんにちは、杉田ゆかりです。

今日は、私がパーソナルカラーの弱点だと考えていることについて話したいと思います。


(パーソナルデザインにも共通することですが、分かりやすくするためパーソナルカラーの話とします)


パーソナルカラーは基本的に、いいことづくめです。

一瞬でキレイになり、一生活用できる知識です。

私は、20歳になったら全員パーソナルカラーを受ける世の中になったらいいなぁと思っています。



では、どんな弱点があるのか?


パーソナルカラーのデメリットは、「自分が変わらなくてもいいこと」です。


例えばライザップなら体型が変わったり、
エステなら肌がキレイになったりします。

また、そのために自分の努力もある程度は必要です。


でもパーソナルカラーの場合、キレイになる仕組みは色の力による「錯覚」です。

良いところを目立たせ、見せたくないものを目立たないようにしているだけ。

自分が変わる必要はありません。


だから「何もしなくてもキレイになれる!」と努力を怠ってしまう可能性があります。

(そう思ってしまうのは、正しいパーソナルカラーにたどり着いているからなのですが)



しかしパーソナルカラーで引き出される美しさは、元々の自分がベース。

土台が高ければ、効果もそれだけ高くなります。

自分自身を底上げしながら、パーソナルカラーを活用するのが理想的です。


とくに、

・ダイエット

・アンチエイジング

の2つはパーソナルカラーとは別のアプローチが必要です。


最近、体型が気になる方が周りに多いので、次回はダイエットについて応援記事を書きますね。



パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断
「ベストカラーインパクト」
(HP)

ご予約フォーム(24時間OK)
営業時間10~17時 土日祝も営業

≫ビフォーアフター事例集はこちら

メニュー
お客さまの声
プロフィール
当日の流れ
よくある質問と回答

●出張制(新大阪・西宮・京都ほか)
≫詳しい場所はこちら