こんにちは、杉田ゆかりです。

今日は爽やかな秋の空でした。

日本に住んでいると、四季の美しさを感じられますね^^




今朝は『秋の愁い』というコラムを読み、共感したところです。

皆さんとシェアしたいなと思いましたので、一部を抜粋してご紹介します。


ーーーーーーーーーー

夏には新陳代謝が活発になり、体中の細胞がエネルギーを放出しますが、秋には細胞が少し縮こまって静かにエネルギーを蓄えるようになります。

それは冬を迎えるために必要な準備なのですが、活動が減ることで細胞の成長もストップし、まるで人生が下り坂に入ってしまったかのように感じることがあります。

(中略)

人の一生にも四季があるとすれば、肉体の美しさを求める時期は夏にあたります。一方で、人生の秋は愁いや悲しみの季節ではなく、内側が美しく再生する準備の時期です。

秋に愁いを感じる必要はありません。内面の美しさへの変化の季節だと思って、心の内側を磨く努力をしてみてください。

ーーーーーーーーーー
全文はこちら↓
marie claire style 「マインドフルネスへの道」ヨグマタ相川圭子
https://www.afpbb.com/articles/marieclairestylejp/3252170




このコラムでいう「人生の夏」は、20~30代でしょうか?

当サロンに来られるお客様の年齢層くらいです。

「見た目」を扱っているので美意識が高いお客様も多いのですが、「外見」へのフォーカスが強い方にも出会います。


いずれ迎える「人生の秋」。

年齢が上がると、外見も内面の影響が大きくなります。

「夏」のうちに「内面」へ意識をシフトしていくことも、お伝えしていきたいなといつも思っています。



| 「キレイ」と「美しさ」の違い


ココ・シャネルの本は読んだことがありますか?

こんな言葉があります。


若いとか、歳を取っているとかは

本当の問題ではない。

大事なのは、肉体の美しさを精神の美しさに移しかえていくこと。

「綺麗な時期」は儚いものだが

「真の美しさ」は永続するもの。



心の内側は見えませんが、目に見える現実が教えてくれることもたくさんあります。

仕事、趣味、人間関係、一人の時間。

日頃の過ごし方や人生経験が、すべて「美しさ」につながっていきますよね。


シャネルはこんな格言も残しています。

20歳の顔は自然の贈り物、50歳の顔はあなたの功績。


先日亡くなられた八千草薫さんは88歳でしたが、美しく年を重ねられた女優のお一人でした。



今月も終わりですね。

令和元年もあと残り2ヶ月。

一気に年末になりそうですが、一日一日を積み重ねていきたいと思います!



パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断
「ベストカラーインパクト」
(HP)

ご予約フォーム(24時間OK)
営業時間10~17時 土日祝も営業

≫ビフォーアフター事例集はこちら

メニュー
お客さまの声
プロフィール
当日の流れ
よくある質問と回答

●出張制(新大阪・西宮・京都ほか)
≫詳しい場所はこちら