こんにちは、杉田ゆかりです。

G20で大阪はいつもと違う雰囲気ですね。

海外政治家のインスタに大阪の写真がアップされるのを、不思議な感覚で見ています。

母が「家からエアフォースワンが見えた!」と興奮気味に話していました。


私は大阪を避けて(笑)

建築関係の方のお誘いで、宝塚ホテルへ行ってきました。

来年移転のため現在の建物は取り壊しの予定です。



今日は天気が良く、中庭の景色がキレイでした。

館内はクラシカルな雰囲気で、これまで行く機会がなかったのを後悔するほどステキでした。

洋館が好きな方は行く価値アリです♪





さて、今日印象に残ったのが設計についてのエピソード。

「公共施設の設計だと、個人のこだわりで部分的な意見が出てきたりする。

たとえば『キッチンが古いから最新設備にしたい』とか。でも調べてみたら全然使われていない(笑)

予算を有効に使うためにはトータルな視点でメリハリが必要だし、プロはそのテクニックは持っている。

任せてもらった方がうまくいくんだよね~」との話がありました。


トータルで考える、というのは当たり前のようでいて、ファッションだと多くの人がつまずくポイントです。

・一つ一つの服は素敵だけど組み合わせるとチグハグ

・組み合わせがワンパターン


クローゼットの全体像が見えていないと、こういったことが起きます。


しかしファッションの難しさはアイテム数が多いことですよね。

トップス、ボトムス、コート、バッグ、靴、アクセサリー。

手持ちのすべてを把握するのは大変なことです。

それを「似合う」という軸で解決するのがパーソナルカラーとパーソナルデザインなのです。


夏はアイテム数が少ないので、コーディネート力を鍛えやすい時期です。

初歩的なところからスタートしたい方は、今の時期に受けられると良いと思います。

»イメージコンサルティング詳細はこちら


パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断
「ベストカラーインパクト」
(HP)

ご予約フォーム(24時間OK)
営業時間10~17時 土日祝も営業

≫ビフォーアフター事例集はこちら

メニュー
お客さまの声
プロフィール
当日の流れ
よくある質問と回答

●出張制(最寄駅:JR新大阪・JR甲子園口ほか)
≫詳しい場所はこちら