こんにちは、杉田ゆかりです。

今日は駅のホームで待っていたら、こんな電車が!



宝塚沿線の観光スポットを、池田理世子さんが描かれたそうです。さすが宝塚線・・・!

ラッピング電車は、見るとワクワクした気持ちになりますね(*´˘`*)♡


さて、2年前にコンサルティングを受けて下さったお客様がメールを送ってくださいました。

受けた後、どんな変化があったのか?

具体的な参考になると思いますので、シェアさせていただきますね。



イメージコンサルを受診してから2年が経過しました。

受診前に比べ、服や靴を見にお店に行く機会は増えましたが実際に購入する頻度は減りました。

慎重に服を選ぶようになったのだと思います。

手持ちの服も減らすことができクローゼットがすっきりしましたが、「着る服がない!」と頭を抱えることもなくなりました。


お買い物同行は、診断と同日にはお願いしませんでした。

まずは手持ち服を整理し、必要なものを買い足したかったので、後日必要性を感じたら改めて依頼しようと考えていました。


診断後にはさっそく、手持ちの服の整理を始めました。

「服はたくさんあるのに着るものがない」状態から脱却したかったので、その原因を探ろうとしました。

手持ち服を「よく着るもの」「あまり着ないもの」に分類すると、「あまり着ないもの」には原因があることが分かりました。


私の場合、「あまり着ないもの」の中には、全体のシルエットや素材が好みではあるものの

・PCから外れた橙~黄のもの
・PDから外れたフリルのある服

が多くありました。


自分の「失敗する服選び」のパターンが分かりましたので、以降の買い物ではその点を注意して選ぶようになりました。


診断直後には、「自分でいろいろ似合うものを見つけてみたい!」という気持ちもありましたので、パスケースなどの小物を購入してPCの効果を実感していました。


今では、服選びで大きく失敗することはなくなりましたが、自分では100%似合う服が見つけられるまでPC/PDの本質が理解できているとは思えていません。

今でも、大事な日にはお買い物同行で選んでいただいた服を着ることがほとんどです。


今後、長い時間をかけて服選びの経験を積み、理解を深めていきたいです。

そのために、メールでの相談やお買い物同行を依頼したいと考えています。


似合う・似合わないを仕分けるだけでなく、自分の失敗パターンを掴まれたところが素晴らしいです^^

クローゼットもすっきりと快適で、リバウンドなしのようですね。


お買物同行も受けていただきましたが、購入した服が活躍しているようで嬉しいです。

この先もまだ使える物ばかりだと思います。

着る服には悩まない状態になったと思いますので、これからは一つ一つを吟味して、グレードアップしていきましょうね。


長文のご感想ありがとうございました♪


パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断
「ベストカラーインパクト」
(HP)

ご予約フォーム(24時間OK)
営業時間10~17時 土日祝も営業

≫ビフォーアフター事例集はこちら

メニュー
お客さまの声
プロフィール
当日の流れ
よくある質問と回答

●出張制(最寄駅:JR新大阪・JR甲子園口ほか)
≫詳しい場所はこちら