これまで我々事故車修理業界は
損害保険会社の支払保険金算定基準であるところの
修理費見積作成方式=指数X対応単価を
慣例として使用してます

それはそれで一定の道理(修理代の平準化)はあり
保険金策定上は
それなりの平等性=公平性ということで理解できます

しかしながら、
この方式はあくまで保険会社側の見解であります

本来、物損に関しては
自動車事故修理業界である自動車事故修理業団体から
工数と作業方法が策定され発表されるものでありますが
それが成されておりません

そのことが損保業界の保険金策定基準であるところの
修理費見積基準が業界基準として利用され
それが慣例化され
今日まで続いてきたということであります

そして長年続いてきた結果
その制度が修理業界の過度な工賃抑制に働き
また
修理代金の不当な減額行為の横行が
被害事故修理においても修理費見積が
不当に低いという状況を生んでおります


その結果、被害者為の賠償金である保険金が
低く見積もられている状況を招いております

当協会では保険金額を不当に
高額請求すという事は致しません
被害者や保険契約者に、
正当な適正保険金額を支払っていただくよう
努力するものであります

保険価額とは、
保険の対象の評価額を金銭的に評価した額をいいます

保険金額とは、
契約金額のことで保険金をお支払いする事故が生じた場合に
保険会社が支払いする保険金の限度額(補償限度 額)です

一般社団法人 事故車損害査定協会 では
自分で自分の売値を決める様、ルールに則り行動いたします
損保基準を踏襲しながら、自分の売値は自分で決められます。

同志として協会会員募集中 HPはこちら