事故車修理業をしてますと、好むと好まざると
かかわりを持つことになります
そして必ず損保のアジャスターは
修理代を値切ります

事故車修理業者はそれを当たりと思ってますが
快くは思ってないので
値切られることを前提に修理代を提示します
そして値切られることにならされてしまいます

このような状況は顧客を裏切る行為といえます
法の基の公正公明で平等なサービスを受ける
消費者の権利を侵害してます
このような不法な状態を知ることが大切です

法を知り正しい認識の下
社会責任を果たすための
正しい自社のレバレートと
保険金の仕組みをしること

それが値切られない秘訣です
詳しくは
一般社団法人事故車修理調査協会こちら