卒業式! - 大村椿の森学園- | Be Smile Project Blog ―子ども達の未来を笑顔にするボランティア活動―
April 01, 2010

卒業式! - 大村椿の森学園-

テーマ:活動報告
2010年3月16日。

ふなつ一輝先生、本そういち先生、柏葉ヒロキ先生と私の4人は、朝早く羽田空港に集合しました。


なぜかと言うと…

椿の森学園のみんなに内緒で、こっそり卒業式に参加するためです!


今年は小学生4人、中学生6人の計10人が卒業式を迎えるとの情報をキャッチした我々は、まず長崎市内で10人分の クラッカーオメデトウクラッカーの花束と、お祝いの図書カードを購入。

あとはレンタカーで、みんなに見つからないよう祈りながら卒業式に向かいますDASH!

途中…

「あ!やばい!!○○ちゃんだあせる


みんな頭を低くしてさっと隠れる…
(だってサプライズなんだもん、あせる)


無事?見つかることなく会場に到着。

会場に入ると…

在校生の子ども達
学校の先生方
職員の方々
御来賓の方々(児童相談所や近隣県の児童養護施設関係者)
そして…
卒業生の保護者と思われる方々。

なんとなく…複雑な思いが胸を去来してしまいましたあせる



それにしても、おとなしく座ってる在校生の子供達の姿にびっくりビックリマーク
いつものヤンチャぶりはどこへやら…

みんな、やれば出来んじゃんニコニコ


中学生は制服姿で。
小学生の男の子は、パリッとした大人っぽいスーツ。
女の子は綺麗にあみこまれた髪(きっと職員さんにしてもらったのかな?)
清楚なワンピース…

今日はみんなとってもきりっとしてオシャレだよドキドキ

私たちが着席すると、子ども達が次々振り返り、私たちを見つけては嬉しそうに笑いますニコニコ

程なくして、拍手に乗って卒業生たちが入場。

みんなちょい緊張気味かな?
あああせる顔がこわばったり、ずっとうつむいてる子もいるあせる


そんな中、式は順調に進行していきます。

卒業式でびっくりしたのは、卒業証書授与の時、一人一人の性格やエピソードが付いていたこと目


例えば…

「野球が上手で、小さい子供の面倒見がよかった○○くん」
「お菓子作りの得意な○○さん」

みたいな感じ音譜


これってただ名前を読み上げられるよりも、親近感を感じられていいっラブラブ!

少人数だからなせる技なんだろうけど…
ちょっと羨ましいな。

校長先生の挨拶やみんなの歌が終わると、在校生のみんなの送辞が始まりました。
それぞれが割り当ての言葉があり、思い出を語り合います。

きっと頑張って練習したんだねにひひ
ちゃんと台詞を覚えてしっかり話せてるよニコニコ


そして、椿の担当職員さんたちの祝辞。

涙でちゃんと言うべき言葉が言えなくなっちゃうくらい…
その位一人一人に対して思い入れが強いんだなぁ…

卒業生も、職員さんの熱い思いにほだされてか、みんな泣きながら今までの甘えてきた行為を謝ります。

せきを切った様にみんなが泣きはじめました。

もちろん…私たちももらい泣き…(こ、、、こらえてたのにぃ!)

涙、涙… まさに感動の卒業式でした。


職員の方々は皆、ほんとに子ども達に対して「本気」なんだなぁにひひ

素直にそう感じました。

本気だからこそ、怒れる。
悲しくて、悔しくて、嬉しい時も泣ける。
喜びをわかち合って、笑える。

きっとその喜怒哀楽は、素敵な大人の見本になるはずだよねニコニコ

卒業生の皆、本当におめでとう!

こんなにアットホームで感動的な、皆の人生の節目に立ち会うことができて…

私達も皆、胸がいっぱいでした。 本当にありがとう!!


副代表 葉月京

BeSmileさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス