環境が人間をつくる | 『士』業で成功にトライアル中
新型コロナウイルスに関する情報について

『士』業で成功にトライアル中

士業とは具体的には不動産鑑定士と土地家屋調査士ですが、様々な自己啓発本でロバートキヨサキ氏のいう『B』クワドラントが勧めてありますが、私があえて士業で独立した理由、そうなった過程、なぜ士業がよいと思うのかなどを書いて行きます。

橘玲の「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本があります。
読んだのが昔なので不正確ですが、
人の才能は遺伝で決まり環境の影響は少ないという趣旨の内容の本でした。

成功を目指す人にとっては、まさに残酷な真実ですね。
しかし、生きていると環境の影響って大きいなって思うことたくさんあります。

以前にもブログに書きましたが、
大前研一さんの言葉で、

自分を変えたければ、

時間配分を変える
住む場所を変える
付き合う人を変える

っていうのがあります。

自分を変える=今の自分から変化し成功への道を歩き出すと考えてもよいと思います。
その自分を変えるための「住む場所を変える」と「付き合う人を変える」っていうのはまさに環境を変えるってことだと思います。
環境により人は変化できるし、成功できるんだって解釈できると思います。

先日、私が20代の頃に働いていた不動産屋2人と話す機会がありました。
それぞれ独立していて、片方は不動産屋をしていて家賃収入・会社の利益で年収2000万、片方は不動産屋兼建築会社をしていて家賃収入と利益で1000万程度ですが、あと5年アパートローン返したら年収1500万です。
この2人と、2人同時にではなく各々と話す機会がありました。
コロナ対策のとある補助金の話をそれぞれとしていました。
その補助金には欠陥があり、補助金の話が私のもとに来たときにその欠陥にすぐ気付きました。
この二人にこの話を持っていくとこの欠陥にすぐに気付きました。
ほかの何人にもこの話をもっていきましたが、この欠陥にはだれも気付きません。
同じ環境(職場)で育った3人(私と友人2人)だけ気付きました。そして、同じ環境で育った3人が頭一つ抜けて成功しています。
もともとそれぞれ才能のあったのかもしれませんが、この3人が同じ環境(職場)で培った感性があり、それぞれの道を行きそれぞれ成功を収めたと言えると思います。
20代から関わってる人のうち、私と同じでもともとサラリーマンだった人で年収1000万オーバーになってるのはこの二人だけです。
環境が人間作ってるなと思える話だったので、ブログにしてみました。