CL決勝バイエルンvsインテルについて。





インテル強い。





見てて面白い訳ではまったくなく、でもただただ強い。






試合序盤は攻撃的にふるまってたけど、時間が進むにつれ、バイエルンにボールを持てせて

カウンターを狙うという方向にシフト。





DFとMFが2本のラインになり、ゴール前に鍵をかける。

DFはペナルティエリア、MFはエリア手前のバイタルエリア。

シュートコースには必ず誰かはいる。



守りを固める基本中の基本、教材にしてもいいくらいの完璧な組織ディフェンス。




それを個の力がある選手達が忠実にやってるのだからとてつもない。

利己的な選手なんて1人もおらず、みんなの意識が統一されてた。



ボールを奪えば、すぐにスナイデル、ミリート、にボールを預けて、少ない人数でカウンター。


これまた選手の力と戦術の徹底でほぼ完璧に機能。



スナイデルはシンプルにボールをはたき、ミリートはほぼ100%ポストをこなす。

ボールを離したあとは、動く。これも基本。


1点目、2点目ともにバイエルンCB陣をあっさりといなしてたね。





そんなインテルにとって唯一の危険がロッベン。




1人で違いを作り出せる、バイエルンでただ1人の選手。今日試合出てた選手の中では。




実際、キブを振り切って、トップスピードのままサムエルもかわしクロスをあげたシーンには驚いた。




そんなロッベンを封じるための対策もほぼ完璧。

キブとカンビアッソの2人で必ずプレスにいき、飛び込まない。

そのせいでロッベンのドリブルもゴールに向かう縦や斜めではなく、横にいくのがほとんど。



そんなドリブルからシュートを何本か打ち、そのうち1本は決定的なコースへ飛んだが、

そこにはインテル最後の砦J・セーザル。左手1本ではじき出す。



このJ・セーザルの存在もやっぱり大きいね。


あれだけがっちり固めた組織的な守備に対してはミドルシュートが重要だと思う。

もちろん良い形でシュートを打たれないようなディフェンスをしてんだけど、それでも何本かはゴールに向かう。



しかしそこにはJ・セーザルがいる。

よっぽどのシュートじゃなきゃ入らない。




八方塞がり。





でもない。







実際、後半開始直後にバイエルンはバイタルエリアの崩しからミュラーが決定的チャンスを迎えてる。



ミュラーがもう少し冷静なら決まってたかも。





そしてこれがバイエルンの唯一の決定的なシーンだった。







バイエルンはオリッチ、ミュラーの2トップで臨んでいたが、オリッチが前、ミュラーが後ろという縦の関係でいた。





前半気になったのは、バイエルンがボールを保持している時の、バイタルエリア付近にいるミュラーの動きの少なさ。




ボランチにボールがわたっても真ん中で立ってるだけ。横にはカンビアッソ。当然縦パスははいらない。

そんなシーンが多かった気がする。



ミュラーにはそこでボールを受けてさばく、という役割が課せられてなかったのか。

はたまた、そういう能力がなかったのか。





前半にロッベンがボールを右から中央方向へキープしながら、バイタルエリアにパスを通し、

「おお、チャンスになりそう!」と思ったシーンは何度かあった。まあならなかったけど。



そんなシーンでボールを受けるのはシュバインシュタイガーがファンボメル。


個人的にはあそこにもっとボールを入れれば良かったんではないかと。



バイエルンのパス回しを見てて、日本代表の試合を思い出した。


ライン作られて、守備を固められると、左SB(SH)→ボランチ→右SB(SH)へと横へ出すパスばかり。



ボールをまわしながら、少しずつゴールへ近づいていってたけど(これが日本代表との違い)、縦パスを入れる頻度は多くなかった。



それに比べ、インテルはばしばし縦パス通してくる。

もちろんカウンター狙ってるから当然だけど。

パス出せるとこに必ず誰かいる。そしてそこに出せる技術もある。




インテルは徹底的に鍛えらてる、そんな感じがした。

さすがのモウリーニョ。







バイエルンのリベリが出てたら何か変わったか?



変わったと思う。両サイドに2人でプレス行かなきゃいけない選手がいると中央が手薄になりそう。

またはリベリ、ロッベンが中はいってきたりして。



それでも勝ったのはインテルだろうな。たぶん。





そんな強さを感じた。




選手個々の能力。


前半序盤見せたポゼッションや、引いた固い守備からの速攻にみられる戦術の幅。


そしてそれの徹底と、選手のその場での判断力。




順当な勝ち。

間違いなく強い。





去年のバルセロナ、今年のインテル。


まさにロマンとリアル。




そんな今年最強のリアルを見て、面白いと感じた人はいるだろうか?




リバプールが優勝した「イスタンブールの奇跡」の時のような「熱さ」を感じた人がいるだろうか?





強い、そう感じながらも胸が重くなる試合であり、寂しさすら感じた試合。





W杯ではどんなチームが勝つのか、最有力であるロマンのスペイン、リアルのブラジルか。

はたまたイングランド、オランダ、ドイツ、アルゼンチン・・・などのその他の国か。





個人的にはスペインを応援してますが、なぜだか妙にアルゼンチンが不気味に感じてます。


マラドーナのせいなのか、メッシのせいなのか。

そんな自分の予感を信じて、優勝予想はアルゼンチンにしときます。


あ、日本もまあ・・・頑張ってね。