令和元年の意匠法の二問目 | 弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと

令和元年の意匠法の二問目は、特許法、商標法の存在下における

意匠法の意義を問う良問だと思いますが、

もうちょっと突っ込んで、著作権法、不正競争防止法も仲間に入れて欲しかった。

 

まあ、これらを追加すると、時間的に不足することになるのでダメなんでしょうけど・・・