R01短答10 | 弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと


テーマ:
0 特許無効審判、実用新案登録無効審判又は訂正審判に関し、次の(イ)~(ホ)のうち、誤っているものは、いくつあるか。 
1 (イ) 外国語書面出願に係る特許に対しては、特許法第17条の2第3項に規定する要件(いわゆる新規事項の追加の禁止)を満たしていないこと、同法第36条第6項第4号に規定する要件(いわゆる特許請求の範囲の記載に関する委任省令要件)を満たしていないこと、同法第37 条に規定する要件(発明の単一性の要件)を満たしていないことを理由とする特許無効審判は、いずれも請求することはできない。 
2 (ロ) 訂正審判は、特許権を放棄した後においても、請求することができる場合がある。 
3 (ハ) 実用新案登録無効審判の請求は、被請求人から答弁書の提出があった後は、いかなる場合においても、相手方の承諾を得なければその審判の請求を取り下げることができない。 
4 (ニ) 特許無効審判において、審理の終結が当事者及び参加人に通知されることなく、審決がされることがある。 
5 (ホ) 特許無効審判の請求書の副本を被請求人に送達する前に当該請求書を補正する手続補正書が提出された場合、当該補正が請求書に記載された請求の理由の要旨を変更するものであっても、審判長は、当該補正が審理を不当に遅延させるおそれがないことが明らかなものであるときは、当該補正を許可することがある。 
  *解説
  せめて幾つあるか問題は、「正しいを数える」に統一して欲しいと思います。それはさておき勝負問題でしょうかねぇ
これ、1枝に三問も含まれているずるい設問。全てについて言及せなあかんやん。で、新規事項追加補正はアカンねんけど、原文相違の無効理由があるから外国はそっちに任せられている。4号は単なる形式なので無効理由にはならない。単一性も、出願人間の平等という側面はあるものの、発明に瑕疵があるわけではないので、無効にするほどでもない。よって、全部無効理由には当たらないのです。
権利放棄は将来効なので、過去に残存している特許権について訂正審判を請求できます。
U39-2.3登録後の変更した場合は承諾無しで取り下げ可能。この条文は必要だが、制度としてどうよ?このパッチのあてかたはひどすぎ。
P164-2審決の予告がややこしいですが、予告があったとて終結通知か、継続かで最終的には終結通知は出ます。P135の審決却下でも終結通知はあるそうです。
5 無効審判の請求は期限があるわけではない。従って請求を焦る必要なない。遡及効ですし。従って請求の理由の補正を認める必要はない。こんな感じでしょうか?