「からやま」vs「からよし」つづき | 弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと


テーマ:

昨日、この記事を書きましたが・・・・

 

なんとなく策にはまったような気がしてきた。

 

一方で、「大阪王将」のcmに対する苦情が「餃子の王将(京都王将)」

に、来ているらしい。

 

商標法を勉強している方ならお気づきの通り、

「餃子の」に識別力はない。

法的に詳細には指定商品:ぎょうざ、指定役務:ぎょうざの提供

、およびこの類似範囲に限定して言及する必要があるのでしょうが

まぁ、一般的に中華料理屋では、ざくっと識別力なしでしょう。

 

そうなると識別力があるのは「王将」になる。

 

一方「大阪」も識別力なし

 

つまり、「王将」vs「王将」。。。。。

もう、混同するしかないです。

 

高校生の私のお腹を満たしてくれた京都王将。その頃の大阪王将は、

探すのも大変でしたし、ぎょうざも・・・でした。

 

おそらく、王将が分裂した頃は、「商標」という意識も低かったのでしょう。

 

これからは、戦略的「商標」の時代なんでしょう。きっと・・・

弁理kさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス