ニュースで著作権法のお勉強 | 弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと


テーマ:

過去問のPDF化は「著作権法違反の恐れ」 指摘受け、旺文社が全データを削除 紙のまま保管へ

 

このニュースの元である旺文社のページ

入試問題のPDF保管に係わる著作権法上の不備について

 

この内容によると、旺文社は各教育機関から入試問題を紙ベースで提供され、これに基づき問題集などを作成し出版している。勿論、業として作成し、出版していることに関し、著作権法はクリアしているらしい。(あたりまえのことだが・・・)

 

そしておそらく、書庫がオーバーフローしそうなので、古い問題をPDF化し、紙媒体を処分したのでしょう。

この事象に対し、

「原本を破棄しPDFデータを保存するという「媒体変換」の行為が、著作権法上の複製権に抵触する恐れがある」

とのことで、PDFデータを破棄したらしい。

 

ん?!おかしい、複製とは以下に定義されている。

第二条十五 複製 印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい、次に掲げるものについては、それぞれ次に掲げる行為を含むものとする。
イ 脚本その他これに類する演劇用の著作物 当該著作物の上演、放送又は有線放送を録音し、又は録画すること。
ロ 建築の著作物 建築に関する図面に従つて建築物を完成すること。

 

で、複製権とは

第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。

 

ここに、原本の破棄云々は要件に入っていません。法的におかしい表現になっています。

 

なお、原本云々に関する規定は、以下のようなものがあります。

(プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等)
第四十七条の三 プログラムの著作物の複製物の所有者は、自ら当該著作物を電子計算機において利用するために必要と認められる限度において、当該著作物の複製又は翻案(これにより創作した二次的著作物の複製を含む。)をすることができる。ただし、当該利用に係る複製物の使用につき、第百十三条第二項の規定が適用される場合は、この限りでない。
2 前項の複製物の所有者が当該複製物(同項の規定により作成された複製物を含む。)のいずれかについて滅失以外の事由により所有権を有しなくなつた後には、その者は、当該著作権者の別段の意思表示がない限り、その他の複製物を保存してはならない。

 

これは、ビジネスソフトなどを購入して、コピーを取り、またはコンピュータにインストールして(ここまでは著作権法的に無問題)、原本のDVDなどを売ったらそのコピーなりインストールは複製権の違反になる。という既定。ただし、無くしたんならしゃーないですねぇとの追記があります。

 

この既定は、カジュアルにコピー可能で、かつ、多額の費用がかかっているビジネスソフトを保護するためのもので、これは紙媒体には適用されません。

 

では、旺文社は何故そのような対応を取ったのか?

 

旺文社のページの中に「紙の代替物という認識でおりましたが」との一文がある。

多くの人がこの認識であり、旺文社の対応を疑問視し、

「フェアユース」などの文言がコメントに表れています。

 

私も、ここまでの記載においては、例え紙媒体の提供時等に許諾を得ていなくても、

旺文社のPDF化は複製権の侵害には当たらないと判断します。

ただし、「編集過程における原典照会や許諾申請のための利用に欠かせない資料として保管」(ページ内に記載)の範囲においては、です。

 

ただ、旺文社のページに、保管したPDFを電子辞書・電子書籍、公衆送信による通信指導などにも利用していたと告白しています。

 

まあ、ここまで来るとやり過ぎで、著作権者も看過できない恐れが出てきます。

っということで、旺文社の対応は仕方が無かったのかなあと思われます。

 

しかし、公衆送信などを辞めれば良かったのであって、PDFを破棄する必要は無かったのではないでしょうか?一言で言うと、もったいない。

 

なんとなく、百年後の一級資料を捨ててしまったような気がします。

 

弁理kさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス