GPZ900R:RPMステッカーの熱対策はこうやってます | 新しい相棒はGPZ900Rニンジャとセロー225WE

新しい相棒はGPZ900Rニンジャとセロー225WE

20年モノ絶版車のGSX1100SカタナとDR250Sを失いましたが、GPZ900Rニンジャとセロー225WEが新しい相棒になりました

RPM管(なんちゃって)は、インナー
バッフルの構造上、の部分が高熱
になり、ステッカーが溶けて縮みま
したが、二度の失敗ゲローブフォッ!の末の
対策はこれになりますキリッ!


RPMステッカーには大と小があるの
で、少しでも短い小を使います


RPMステッカー自体の粘着力に懐疑
真顔なので、下のフィルム両面テー
プをRPMステッカーの接着面全面に
適度に隙間なく貼ります


更に、フィルム両面テープに下の
Scotchの超強力耐熱用両面テープを
これまた隙間なく貼ります


それをRPM管(なんちゃって)に貼り
ます
フィルム両面テープと耐久用両面
テープでRPMステッカーに直に熱が
伝わらず、粘着性が落ちて剥がれる
事がなく(たぶん⁉)、極力薄くして
出っ張らないようにしたのが今の
方法です
ステッカーも大→小にして極力サイ
レンサーエンドに近い方に貼って
インナーバッフルの熱が籠るであ
ろう⁉場所を避けるように貼ってあ
ります
まだ先日鳥居原からサッポロ二番
ファクトリーに行っただけなので
耐久性はこれからの走り次第に
なりますが(汗)ダラダラアセアセ


ランキングに参加中っす!!!
ポチっとよろです~m(_ _)m

旧車・絶版バイクランキング

こちらもついでに
押しとくれ~( `・ω・´)ノ ヨロシクー