【中学受験】損益算・超初級編 | 大阪のプロ家庭教師が「できない」を「できる」に変える!

大阪のプロ家庭教師が「できない」を「できる」に変える!

勉強なんてするな!って家庭環境で育ったもんだから塾なしほぼノー勉。大学受験史上もっとも難しかったであろう私大バブル期に現役合格。"できないことをできるようにするプロ" プロ家庭教師暦11年。塾での指導経験もあり。エスプリの効いたトークが売りも指導力は未知数。

 

学生時代は

小中高を通じて塾なし&ほぼノー勉

しかし、

大学受験史上もっとも難しかった

90年代はじめに現役合格
そんな異色な家庭教師だからこそ

 


短期間で

成績アップ!合格!!
「できない」を

「できる」に

 

 

大阪
寝屋川・枚方・守口・門真などの北河内、
高槻・茨木などの北摂を中心に活動
 
右矢印 プロフィール
 
有益な情報はつぶやきませんが

  友だち追加 

 

有水と直接LINEができるw

 友だち追加

 

 

 

ブログ村家庭教師部門で

1位に返り咲くことができました!
引き続きクリックお願いいたします
 
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 

 

 

損益算・・・算数が苦手な中学受験生を日々苦しめていますが、うちの生徒もその例に漏れず。というわけで、損益算が苦手なキッズたちに贈る超初級編。

 

 

 

 

 

例.3000円で仕入れたある商品を原価の40%の利益を見込んで定価をつけましたが、売れなかったので20%引きで売ることにしました。売り値はいくらですか。

 

問題集には必ずといっていいほど出てくるこの問題を例題にします。

 

まずは、図に原価を描きます。図でなくても線でもいいです。横でなくても縦でもキッズがやりやすい方法でかまいません。

 

また、「原価」ではなく「仕入れ値」という言葉を使う場合もあるので、両方とも同じ意味だということを覚えさせてください。

 

大事なことは、➀ではなくて【100】とすることです。

 

➀だろうと【100】だろうと実際どちらでも同じことなのですが、算数につまづいているキッズは計算が苦手な場合が多いです。

 

➀を使えば、小数が現れます。少数の計算になると小数点の間違いや単純な計算ミスが多発するので、それらを未然に防ぐため、➀ではなく【100】を使います。

 

それでも、小数になってしまうことがありますが。

 

 

次に、見込まれる利益を付け加えます。原価と見込まれる利益を合わせたものが定価だということをしっかり認識させてください。定価は【140】になります。

 

 

 

そして、値引きした分を描きます。

このとき、「20%引きで売ることにしました」が理解できない子がいます。

 

 

何の20%なんですか?

書いてないからわかりません。

そんなことにならないために、書いていなくても「定価の〇%」だということを徹底して理解させてください。

 

 

定価の20%だから、【140】×0.2=【28】

それがわかれば、40-28=12

で、利益が⑫になります。

 

売値の意味が分からない子や定価との違いを理解していない子がいます。図の場合だと、売値は【112】で定価は【140】ですが、売値は原価と利益を足したもの、定価は原価と見込み利益を足したものだということを確実に覚えさせてください。似たような問題をたくさんやらせてみるのもよいでしょう。

 

 

解答

原価【100】=3000 より ➀=30

よって、⑫=360

売値【100+12】=3360円

 

 

 

1.5000円で仕入れたある商品を仕入れ値の3割5分の利益を見込んで定価をつけて、定価の2割引きで売ると売り値はいくらですか。

 

例題と同じような問題です。原価ではなく仕入れ値という言葉を使っています。

原価【100】=5000円

よって、➀=50円

したがって、売値は【108】=5400円

 

 

 

2.定価が3000円のある商品を1割引きにして、さらに60円をおまけして売ったところ、仕入れ値の1割の利益がありました。この商品の仕入れ値はいくらですか。

 

原価・仕入れ値がわからなず、ダブル値下げバージョンです。しかし、基本的には例題や問1と変わりません。

売値は【110】=3000‐300‐60=2640

よって、【1】=24

したがって、仕入れ値【100】=2400円

 

 

 

3.原価2000円のある商品に、25%の利益を見込んで定価をつけました。 しかし売れ残ったので10%引きにして売りました。利益はいくらになるでしょう。

 

少数になってしまうパターンですが、0.125よりはやりやすいはずです。

 

原価【100】=2000

よって、【1】=20

利益は【12.5】=250円

 

 

4.4割の利益を見込んで定価をつけたある商品を2割引きで売ったところ、300円の利益が出ました。 仕入れ値はいくらでしょう。

 

原価がわからないパターンです。これも「商品を2割引きで売ったところ・・・」は、定価の2割引きですね。

利益【12】=300

よって、【1】=25

仕入れ値【100】=2500円

 

 

 

図や線のうちどれが原価なのか、利益なのか、定価なのか、売値なのか・・・慣れないうちはしつこいくらい、夢に出てくるくらい繰り返しキッズに尋ねてください。

 

 

 

生徒募集

【指導地域】寝屋川市南部から車で片道30分が目安です。

〔大阪府〕寝屋川市、枚方市、門真市、守口市、大東市、四条畷市、交野市、東大阪市、高槻市、茨木市、豊中市、摂津市、吹田市、大阪市鶴見区、大阪市旭区、大阪市城東区、大阪市都島区、大阪市中央区、大阪市北区、大阪市東成区、八尾市など

〔京都府〕八幡市、京田辺市、京都市伏見区など

〔奈良県〕生駒市、奈良市など

 

【指導科目】

中学受験:算数、国語、社会、理科、英語

中学生、高校受験:数学、国語、社会、理科、英語

高校生:数学ⅠAⅡB、現代文、古典、物理基礎、化学基礎、生物基礎、英語

大学受験:数学ⅠAⅡB、現代文、古典、英語

 

 

詳しくは 有水のホームページ をご覧ください。