こんばんわ!
九羽 紅緒(ここのは べにお)です!
Twitterアカウント(@beni13x)




昨日は法令上の制限Day2日目!✨


いやぁ、勉強足りないなぁって…。


分かってるつもりになってるところが多いのか、過去問を解くとどうしてもぽつぽつ間違えてしまうところが💦


法令上の制限もパーフェクト狙いたいし、落としたくないところなので急遽徹底復習!!


目次も活用しつつ(詳しくは前回のブログを見てね)、細かいところまでしっかり理解することを目標に、過去問はあえてやらずにとにかく復習👍


そして少し間を置いてから過去問を解く!
というやり方でやってみようと思います✨






さて、皆さん勉強する時は何を使ってますか?


……は?って感じですよね笑
筆記用具のお話です✨


自分は勉強する時やセミナーに行く時は必ずボールペンを使っています。

シャープペンだと芯を入れ替えたり、カチカチノックしたりするのが手間だし、その間にメモが追い付かなくなるのが嫌だなと思ってしまうので💦



そこで、もっと効率良く暗記したりする方法がないかと調べたら

早稲田塾創業者の相川秀希さんの
「頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法」

がヒットしました。


タイトルの通り、青ペンで書きなぐれ、というシンプルな勉強法。


そもそも青色には鎮静効果があり心を落ち着け、更に集中力を高める効果があると言われています。


そして、「書きなぐる」というのが最大のポイントなんだとか。


講義やセミナーでの講師の言葉はひとつも漏らさず冗談まで書きなぐる。
勿論、全て書くのは難しいんですが、なるべく話したことをそのまま。


するとノートを見返した時に「再現性」が生まれ、講義をそのまま鮮明に思い出し記憶に定着しやすくなる。


なるほど、と納得🤔



更に、青ペンはゲルインクのボールペンで、ペン軸がスケルトンタイプの青ペンのものが良いらしく、自分はすぐに買いに行きました✨


ゲルインクは減りが早く、軸が透けているとインクの減り具合を実感できるため、「こんなに頑張ったぞー!」という達成感が得られやすいんですって!!


そして使い切ったペンは捨てずに取っておく。
これも達成感を得るため。


確かに達成感というのは自信にも繋がるし、最高ですね👍



相川さんは「赤緑青の使い分け」も提唱していて、

赤…重要な話
緑…気付きがあったとき
青…記憶すべき事柄

と上手く色を使い分けることも大事みたいです。


これらを踏まえて、自宅での勉強にどう生かすか🤔


自分はとにかく復習の時は基本的に青ペンを使うようになりました。


目次ページを使った復習を例に挙げると、

まず青ペンで自分の説明を書く。
答え合わせを兼ねてテキストを読み、足りていない知識、曖昧な知識を確認する。
テキストの内容を青ペンで書きなぐっていく。
この時、さっき間違えていた知識や足りていない知識、曖昧な知識があればその部分はに変えて書く。
他に気付きがあればで。


過去問で間違えた問題があった場合も同様に、基本的にで正しい解答の説明を書き、重要な部分、間違えた部分に関するところはで書く。


というようにしています🙌


「青ペン書きなぐり勉強法」は実は20年前から早稲田塾で提唱されているらしいので、もしかしたら知っている方もいたかな?

と思うのですが、「全然知らなかった!」という人はとにかく青ペン青ペンがオススメですので今すぐ青ペンとノート買いに行きましょう!✨





以上、
九羽 紅緒(ここのは べにお)でした!
Twitterアカウント(@beni13x)