こんにちは~

 

 

暑さ寒さに非常に弱い・・・畑山です(^_^)v

 

 

6月も本日最終日・・・ということは・・・

 

 

2019年も半分終了!

 

 

早いものです・・・ホンマホンマ・・・

 

 

そりゃ、私も歳をとるわ・・・

 

 

最近、梅雨に入り・・・よく見るんです・・・アイツ!

 


 

でんでんむしむし・・・カタツムリ(*^_^*)

 

 

この方・・・何処から来て、何処に消えていくのでしょうか?

 

 

いつも突然現れていて・・・いなくなっているんです・・・。

 

 

小さな疑問・・・(^_^;)

 

 

 



 

さてさて・・・今日は・・・

 

 

バッテリー上がり・・・メルセデスベンツのW203型のCクラス

 

 


夜間停車しておくと・・・数日でエンジン掛からなくなったとの事。

 

 

他店で、診てもらったら・・・バッテリーがダメって言われたそうです。

 

 

昨年、バッテリーは交換済みとの事で・・・お客様も???って感じでご来店!

 

 

今流行のセカンドオピニオンって感じでしょうか・・・。

 

 

で・・・まず・・・バッテリーは・・・確かに弱っています・・・

 

 

でも・・・

 

 

まだ、エンジン始動はできる状態なので・・・やはり・・・

 

 

原因は・・・違うでしょうね・・・ということで・・・

 

 

暗電流(車がスリープモードに入っているときの消費電流)の測定を・・・

 


 

アカンくらい・・・消費していますね~

 

 

通常は・・・50mAhくらいですが・・・なんと18倍以上も消費!

 

 

そりゃ、バッテリー上がりますよね・・・。

 

 

で・・・原因を調べるのは・・・常套手段は、関連のヒューズを抜いていき消費減少を確認して

 

 

そのラインにあるコンポーネントを調べるのが常套手段ですが・・・

 

 

ここは・・・経験で・・・

 

 

可能性の高い箇所は2箇所

 

 

そのうちの1つのシートモジュール!

 


 

カプラーを抜いてみると・・・あら不思議

 

 


消費電流減少!!!

 

 

犯人、見っけ!!!

 

 

バッテリー上がり・・・ただ、バッテリー交換だけで済ますと・・・

 

 

また、直ぐにバッテリーが上がって、無駄にするかもしれませんよ~

 

 

輸入車・・・奥深し(^_^;)

 

 

では・・・また・・・。