家族から富士山に登りたいというリクエストがあり、
7/20、21に富士山に登ってきました。
(三連休の最終日~その翌日)
 
昨年登った時は、
一番楽な(と言われる)吉田口ルートの往復でしたが、
今年は登りを吉田口、下りは御殿場ルートにしました。
 
御殿場ルートは長距離かつハードと聞いていたので、
前日はちょっと緊張・・・😅
 
朝6時30分のバスで、新宿から富士吉田口へ。
渋滞もなく9時30分頃に五合目に着きました。
(前回は土曜出発で渋滞に巻き込まれ、着いたのは11時くらいでした。)
 
 
五合目で、高地順応のため休憩しました。
こちらの雲上閣は、割と新しくて、広くてのんびりできて良いです。
3階には男女別の部屋があり、着替えもできます。
トイレは有料です。
 
早めのランチは、がっつりソースカツ丼。美味しかった!

 
 
2時間ほど休憩して、11時半に出発しました。
登山者の数はそこそこ多いのですが、
三連休最終日だからか、渋滞するほどではありませんでした。
 
 
歩みは亀のように、とにかくゆっくり。
追い抜かれても気にしない。
 
ゆっくり歩くと、そんなにしんどくないし、
頻繁に休憩をとる必要もありません。
 
私を追い抜いた人が休憩しているのを 追い越すことが多く、
ゆっくり歩いた方が結果的に早いように思いました。
 
14時頃、予約していた山小屋(東洋館)に着きました。
 
 
東洋館は個室があるのと、
ご飯がおかわり自由で美味しいのが良いです✨
(おかわり不可の山小屋もあります)
 
19時頃に就寝。
夜12時頃トイレに行ったら、下界の灯りがとても綺麗でした。
(トイレは外にあります)
 
2日目は朝3時起床、4時出発。
最初は少し寒く、Tシャツの上に、レインウェアを羽織りました。
 
途中でご来光を拝む。

 
てくてく歩いて、
7時半頃、山頂に到着♪

 

去年はここまでの道のりが辛くて辛くて、、、

山頂に到着したときは、

感動がぶわーっと押し寄せてきたのですが、、

 

今年は、あれ?もう着いた。早かったなぁ。という感じでした(;^_^A

一年間(低山ですが)山登りを続けていた成果が出た⁈


山頂では火口の周りをぐるっと回るお鉢巡りをして、

10時半頃、御殿場ルートから下山開始。

 

こちらのルートは、小さな岩が沢山あり、
油断するとずるっと滑ってコケそうな砂質。
道幅も狭く、落石注意で、吉田口ルートとは大違いです。

 

トレイルランニングの人や、

大学or社会人マラソン選手?が沢山走っていました。。

こんな空気の薄いところでよく走れるなぁ。(;'∀')

 

また、山小屋が圧倒的に少ないので、

水の購入は計画的に。

 

途中の砂走館でラーメンを食べました。

味はサッポロ一番みそラーメン笑

(めちゃめちゃ美味しかったー!)

 

 

大砂走は、楽しくも過酷な道でした。

 

 

ふかふかの砂の上を大爆走するのは楽しいのですが、
大砂走のスタート地点は、標高3000メートル近く。
空気が薄いので走り続けると息が切れる!
 
ゴールは標高約1400メートル。
暑いのに、日差しを遮る木が何もない(;´Д`)
そしてこの白い砂埃。

前を走っている人との間隔を20メートルくらい空けないと

砂埃が顔や体にチクチク当たります。

 

 

爆走と休憩を繰り返し、

14時前に、御殿場口5合目に到着。

 

何とか14:15の御殿場駅行バスに間に合いました。

(これに乗れなかったら、次のバスまで1時間半ほど

待たないといけないので必死に走りました!)

 

 

朝4時から昼2時まで10時間。

よく頑張った~!💦

 

 

五合目からバスで御殿場駅へ移動、

御殿場駅からバスを乗り継ぎ温泉へ♪

 

目的地に着いてから、

温泉施設が臨時休業日と知るという

恐ろしい体験をしましたが😱

他の温泉施設が徒歩でいける距離に

あったので良かったです(;^_^A 

 

温泉ですっきりと汗を流し、

バスで新宿まで帰りました。

 

とても楽しかったです!

そして、継続は力なりということ、

マイペースに歩き続けていくことの大切さを

改めて心に刻んだ山行でした。

 

 

次は、まだ登っていない

須走・富士宮ルートで登りたいな。

 

 

自らの足でしか行けない、日本一高い場所。
この風景が見たくてまた登りたくなる山。

 

八月は二泊三日で八ヶ岳に行ってきます。