皇后さまのドレスは「黄色」OR「黄緑」? | 中央区/埼玉川口 パーソナルカラー/骨格診断/心理学で真の魅力を引き出します! イメージコンサル 信海茉美

中央区/埼玉川口 パーソナルカラー/骨格診断/心理学で真の魅力を引き出します! イメージコンサル 信海茉美

ビリーブカラーオフィスを主宰している カラーコンサルタント 信海 茉美(しんかい まみ)です。
パーソナルカラーや色彩心理などの色ネタや、仕事のこと、勉強している心理学やプライベートについて 日々のいろいろをつづっています


テーマ:
「パーソナルカラー」+「ファッション」+「心理学」で 
あなたの格上げスタイルをサポート信海茉美です。

 

 

 

5月4日に、一般参賀にお出ましになった 

皇后さまのドレスとてもきれいでしたね。 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが 

今、養成講座を受講されているSさんは、 

一般参賀に行ったようなのですが、 

それはそれは混んでいて。 

 

 

TVの方がお顔もしっかり見られてよかったかも 

とおっしゃっていました(苦笑)

 

 

 

 

 

宮内庁の公式発表によると、 

このドレスの色は「鶸色(ひわいろ)」とのこと。

 

 

 

鶸色は、 

緑系の色に分類されています。(つよい黄緑) 

 

 

 

でも実際緑系に 

分類されているものの、 

かなり黄色よりな色です。 

 

 

 

 

鶸色は  

ヒワの羽の色から付けられた色とのことです。 

 

 

 

 

それにしても、

一般的な感覚だと「黄色」と思いますが、 

(私も 緑みが強い黄色だと思いました)

 

 

 

 

慣用色名と一般的な感覚、 

もしくは一人一人が思っている色って 

違うことが多いのです。

 

 

 

 

慣用色名は、 

JISで制定されてはいますが、 

実際にはある程度幅がありますし、

一般に通用しているものと、 

多少ずれているものもあります。

 

 

 

 

あくまでも慣用色名は、 

茜色といったら、 

緑じゃないんだな~茜空のような赤で、 

鳥居のような赤じゃないな~

ぐらいな感覚なので(言い過ぎ!?)

 

 

 

人と違っていても、 

そして自分が思っていた色と違っても、 

あまり気にしないでくださいね。

(とはいえ、茜色っていって、 

緑を連想しないでくださいね(笑))

 

 

 

 

私の見立てでは、 

この時の皇后さまのドレスは「黄色」

 

 

 

 

見ている側に「黄色」は 

幸せで、元気で、 

笑顔がいっぱいという印象を与えますし、 

もちろん、来ているご本人にも 

そういうイメージを与えます。

 

 

 

 

令和を迎え一連の皇后さまのご様子は、 

本当に晴れやかで、 

落ち着いた笑顔で見ているこちらもうっとり。

 

 

 

明るく、元気な「令和」であることを祈ります。

 

 
   
■講座開催日程■                    

アトリエびりーぶ教室参加者募集

 

作りたいものを、多くの画材から選び、自ら計画し、創作するユニークなお教室

 

・ 自ら考え、行動できる子に

・ 創造力、発想力が豊かな子に

・ ストレスが受けても、ストレスに負けない子に

 

 

そして、作った作品から、 

お子様の心理状態や伸びている才能を読み解き

保護者様にお伝えをしながら、 

子供の心の成長を一緒に見守っていくお教室です。

 

 

日程: 第2・4火曜日 16:30-17:20

場所: 埼玉高速鉄道「浦和美園」駅(直結)3F SRカルチャースクール  

受講料: 5000円(画材料・保険込) 

 

 

お申込みはクリック こちら

                   
メールお問い合わせはこちら               
memo*募集中講座の詳細/コンサル予約空き日程             

 

ランキングに参加しています。                                   
ぽちっと応援していただけると、うれしいです
♥
                                 
                                 

カラーリストランキング

 

にほんブログ村 ファッションブログ カラーリストへ
にほんブログ村

中央区/埼玉 パーソナルカラー/骨格診断/心理学 信海茉美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ